Settings for Notification Emails

for G Suite / for Office 365

This article will explain the correct procedures to configure the Notification Emails in the HENNGE Email DLP Admin console.

This article consists of the following five parts.

1) フィルター - 通知 (フィルター) の定義
2) フィルター - 通知 (申請者宛て) の定義
3) 保留 - 通知(メール操作)の定義
4) 保留 - 通知(放置メール)の定義
5) 暗号化 - 通知テンプレート の定義
6) 暗号化 - 通知(送信者宛て)の定義

※通知文のテンプレートにつきましては、[Ver.2]HENNGE One メールフィルタリング管理者マニュアルのp.86~92をご参照ください。

[Ver.2]HENNGE One メールフィルタリング管理者マニュアル

 

1) フィルター - 通知 (フィルター) の定義

☆ 1 - 左メニューから「フィルター」 - 「通知」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。
_________1.png

☆ 2 - 通知ポリシー作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。

_________2.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) 優先度 : 優先順位は1から99,999まであり、値が小さいほど優先順位が高くなります。

2) ポリシー名 : 任意の値を入力してください。 

3) 宛先 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかにチェックを入れてください。
     「任意の宛先」にチェックを入れた場合、次の画面のように、値を入力するフィールドが
      出現しますので、 メールアドレス または ドメイン名 または サブドメイン を入力してください。

__2.png

4) 通知タイプ : 現状「SMTP」のみ選択可能です。 
5) 件名 : 任意の文を入力してください。 
6) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

   ((%ACTION%))  : 実行されたアクション
   ((%HEADER-SUBJECT%))  : フィルタリングされたメールの件名
   ((%RULE-GROUP-NAME%)) : ルールグループ名
   ((%RULE-NAME%)) : ルール名
   ((%HEADER-FROM%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー From 
   ((%HEADER-TO%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー To
   ((%HEADER-CC%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc
   ((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From
   ((%RCPTTO%))  : フィルタリングされたメールのエンベロープ To
   ((%HEADER-DATE%)) : フィルタリングされたメールの送信日時
 ※((%HEADER-DATE%))は送信されたメールのヘッダー情報より取得しております。
      現状Office365から送信されるメールヘッダにはグリニッジ標準時が記載されていますので、
  日本時刻から-9:00された値が使用されます。

   ((%HEADER-DATE-LOCAL%))  : フィルタリングされたメールの送信日時を「8) タイムゾーン」に合わせた値
   ((%FILTERED-AT%))
  : 処理時刻
   ((%LOGIN-URL%)) : HENNGE One 
メール誤送信対策ユーザーコンソールログインURL
   ((%RULE-GROUP-DESCRIPTION%))  : ルールグループ説明
   ((%RULE-DESCRIPTION%))  : ルール説明

7) 言語 日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。本設定により、6)の差込みタグの
 ((%ACTION%)) で表示される言語が決定されます。
8) タイムゾーン タイムゾーンを選択します。エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭2文字を入力すると選択肢が表示します。

 

2) フィルター - 通知 (申請者宛て) の定義

☆ 1 - 左メニューから「フィルター」 - 「通知(申請者宛て)」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。

_________1.png

☆ 2 - 通知ポリシー作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。

_________2.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) 優先度 : 優先順位は1から99,999まであり、値が小さいほど優先順位が高くなります。

2) ポリシー名 : 任意の値を入力してください。 

3) 宛先 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかにチェックを入れてください。
     「任意の宛先」にチェックを入れた場合、値を入力するフィールドが出現しますので、
      メールアドレス または ドメイン名 または サブドメイン を入力してください。

4) 通知タイプ : 現状「SMTP」のみ選択可能です。 
5) 件名 : 任意の文を入力してください。 
6) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

   ((%OPERATION%))  : 実行されたアクション
   ((%HEADER-SUBJECT%))  : フィルタリングされたメールの件名
   ((%OPERATOR%)) : 承認者
   ((%OPERATION-COMMENT%)) :
承認者コメント
 ※詳細については次の記事をご参照ください。
 https://support.hdeone.com/hc/ja/articles/360000547342

   ((%HEADER-FROM%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー From 
   ((%HEADER-TO%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー To
   ((%HEADER-CC%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc
   ((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From
   ((%RCPTTO%))  : フィルタリングされたメールのエンベロープ To
   ((%HEADER-DATE%)) : フィルタリングされたメールの送信日時
 ※((%HEADER-DATE%))は送信されたメールのヘッダー情報より取得しております。
      現状Office365から送信されるメールヘッダにはグリニッジ標準時が記載されていますので、
  日本時刻から-9:00された値が使用されます。
   

   ((%HEADER-DATE-LOCAL%))  : フィルタリングされたメールの送信日時を「8) タイムゾーン」に合わせた値   
   ((%OPERATED-AT%))
  : 処理時刻


3) 保留 - 通知(メール操作)の定義

☆ 1 - 左メニューから「保留」 - 「通知(メール操作)」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。

__7__1_.png

☆ 2 - 通知ポリシー作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。__.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) 優先度 : 優先順位は1から99,999まであり、値が小さいほど優先順位が高くなります。

2) ポリシー名 : 任意の値を入力してください。 

3) 宛先 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかにチェックを入れてください。
     「任意の宛先」にチェックを入れた場合、値を入力するフィールドが出現しますので、
      メールアドレス または ドメイン名 または サブドメイン を入力してください。

4) 通知タイプ : 現状「SMTP」のみ選択可能です。 
5) 件名 : 任意の文を入力してください。 
6) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

   ((%OPERATION%))  : 実行されたアクション
   ((%HEADER-SUBJECT%))  : フィルタリングされたメールの件名
   ((%OPERATOR%)) : アクション実行者
   ((%HEADER-FROM%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー From 
   ((%HEADER-TO%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー To
   ((%HEADER-CC%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc
   ((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From
   ((%RCPTTO%))  : フィルタリングされたメールのエンベロープ To
   ((%HEADER-DATE%)) : フィルタリングされたメールの送信日時
 ※((%HEADER-DATE%))は送信されたメールのヘッダー情報より取得しております。
      現状Office365から送信されるメールヘッダにはグリニッジ標準時が記載されていますので、
  日本時刻から-9:00された値が使用されます。
   

   ((%HEADER-DATE-LOCAL%))  : フィルタリングされたメールの送信日時を「8) タイムゾーン」に合わせた値   
   ((%OPERATED-AT%))
  : 処理時刻

7) 言語 日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。本設定により、6)の差込みタグの ((%OPERATION%)) で表示される言語が決定されます。
8) タイムゾーン タイムゾーンを選択します。エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭2文字を入力すると選択肢が表示します。

 

4) 保留 - 通知(放置メール)の定義

このパートでは下記の2項目についてご案内します。

a) 保留 - 通知(放置メール)を作成する
b) 放置メールの通知時間を設定する

a) 保留 - 通知(放置メール)を作成する

☆ 1 - 左メニューから「保留」 - 「通知(放置メール)」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。

__.png

 ☆ 2 - 通知ポリシー作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。__.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) 優先度 : 優先順位は1から99,999まであり、値が小さいほど優先順位が高くなります。

2) ポリシー名 : 任意の値を入力してください。 

3) 宛先 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかにチェックを入れてください。
     「任意の宛先」にチェックを入れた場合、値を入力するフィールドが出現しますので、
                メールアドレス または ドメイン名 または サブドメイン を入力してください。

4) 通知タイプ : 現状「SMTP」のみ選択可能です。 
5) 件名 : 任意の文を入力してください。 
6) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

   ((%UNATTENDED-MAILS-COUNT%))  : 放置メール数
   ((%NOTIFY-IN-MINUTE%))  : 放置メールの通知時間
   ((%LOGIN-URL%)) : HENNGE One メール誤送信対策ユーザーコンソールログインURL
   ((%UNATTENDED-MAILS%)) : 放置メール内容

7) 言語 日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。本設定により、6)の差込みタグの
((%UNATTENDED-MAILS%)) で表示される言語が決定されます。

8) タイムゾーン タイムゾーンを選択します。エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭2文字を入力すると選択肢が表示します。

 

b) 放置メールの通知時間を設定する 
☆ 1 - 左メニューから「保留」 - 「通知(放置メール)」を選択し、画面上部の「放置メールの通知時間」の右側にある鉛筆マークをクリックしてください。
__.png

☆ 2 - 放置メールの通知時間を設定し、チェックボックスをクリックしてください。
__.png

  

5) 暗号化 - 通知テンプレート の定義
注:以前の「通知(受信者宛て)」の定義は、そのまま「通知(受信者宛て)」に編集及び追加ができない状態で引き継がれております。受信者宛ての暗号化通知文を編集及び追加されたい場合は、お手数ですが本項目で説明されている手順で「通知テンプレート定義」と「暗号化タイプ定義」を編集いただき、「通知(受信者宛て)」の定義は削除いただきますようお願い申し上げます。

☆ 1 - 左メニューから「暗号化」 - 「通知テンプレート定義」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。

__________1.png

 ☆ 2 - 通知テンプレート作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。

__________2.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) テンプレート名 :任意の値を入力してください。 
2) 件名 : 任意の文を入力してください。 
3) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

  ((%HEADER-SUBJECT%))  : 元のメールの件名
  ((%HEADER-DATE%)) : 添付ファイル自動暗号化がされたメールの送信日時
 ※((%HEADER-DATE%))は送信されたメールのヘッダー情報より取得しております。
      現状Office365から送信されるメールヘッダにはグリニッジ標準時が記載されていますので、
  日本時刻から-9:00された値が使用されます。
 

   ((%HEADER-DATE-LOCAL%))  : フィルタリングされたメールの送信日時を「8) タイムゾーン」に合わせた値   
   ((%PASSWORD%)) : 暗号化パスワード
   ((%HEADER-FROM%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー From 
   ((%HEADER-TO%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー To
   ((%HEADER-CC%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc
   ((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From
   ((%RCPTTO%))  : フィルタリングされたメールのエンベロープ To
   ((%HEADER-MESSAGEID%))  : フィルタリングされたメールのメッセージ ID
   ((%ATTACHMENT-NAMES%)) : 添付ファイル名
   ((%ENCRYPTED-ATTACHMENT-NAME%)) : 暗号化後添付ファイル名

4) 言語 日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。
     ※本設定は現状、差込みタグに影響を与えません。

5) タイムゾーン タイムゾーンを選択します。エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭2文字を入力すると選択肢が表示します。

 ☆ 3 - 作成したテンプレートを使用するには、「暗号化タイプ定義」で暗号化タイプを作成する際に次の画面のように「通知」→「受信者に通知」にチェックを入れ、作成したテンプレートを選択してください。
詳細については [ver.2]添付ファイル自動暗号化の設定 の「1) 暗号化タイプの定義」をご参照ください。

______9.png

 

6) 暗号化 - 通知(送信者宛て)の定義

☆ 1 - 左メニューから「暗号化」 - 「通知(送信者宛て)」を選択し、「作成」ボタンをクリックしてください。
__.png

 ☆ 2 - 通知ポリシー作成画面で必要な項目を入力後に、右下の「作成」をクリックしてください。

__.png

入力が必要な項目は以下となります。

1) 優先度 : 優先順位は1から99,999まであり、値が小さいほど優先順位が高くなります。

2) ポリシー名 : 任意の値を入力してください。 

3) 宛先 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかにチェックを入れてください。
     「任意の宛先」にチェックを入れた場合、値を入力するフィールドが出現しますので、
                メールアドレス または ドメイン名 または サブドメイン を入力してください。

4) 通知タイプ : 現状「SMTP」のみ選択可能です。 
5) 件名 : 任意の文を入力してください。 
6) 本文:任意の文を入力してください。
 

※「件名」及び「本文」で使用できる差込みタグは以下となっております。

   ((%HEADER-SUBJECT%))  : 元のメールの件名
   ((%HEADER-DATE%)) : 添付ファイル自動暗号化がされたメールの送信日時
 ※((%HEADER-DATE%))は送信されたメールのヘッダー情報より取得しております。
      現状Office365から送信されるメールヘッダにはグリニッジ標準時が記載されていますので、
  日本時刻から-9:00された値が使用されます。
 

   ((%HEADER-DATE-LOCAL%))  : フィルタリングされたメールの送信日時を「8) タイムゾーン」に合わせた値   
   ((%ENCRYPTION-RESULTS%)) : 暗号化処理の結果(送信先アドレス、パスワード)
   ((%HEADER-FROM%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー From 
   ((%HEADER-TO%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー To
   ((%HEADER-CC%))  : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc
   ((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From
   ((%RCPTTO%))  : フィルタリングされたメールのエンベロープ To
   ((%HEADER-MESSAGEID%))  : フィルタリングされたメールのメッセージ ID
   ((%ATTACHMENT-NAMES%)) : 添付ファイル名
   ((%ENCRYPTED-ATTACHMENT-NAME%)) : 暗号化後添付ファイル名

7) 言語 日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。
     ※本設定は現状、差込みタグに影響を与えません。

8) タイムゾーン タイムゾーンを選択します。エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭2文字を入力すると選択肢が表示します。

 __.png

通知メールの設定は以上となります。

 
          
Was this article helpful?

Frequently Asked Questions (FAQs)