暗号化通知メール(パスワード通知メール)の文面を宛先グループ毎に指定したい

newgs_logo_.png ユーザー向け

 ユーザー向け

 

Q.

ZIP暗号化ルールに合致した際の受信者へのパスワード通知メールを宛先毎に指定することは可能でしょうか?
海外のお客様に対し英文でパスワードメールを通知したいと考えています。

 

A.

2014年4月にアップデートされた機能で、受信者に送られる暗号化通知メールを宛先ごとに指定できるようになりました。

これまではフィルタリングサービス全体で一つの「暗号化通知メッセージ(受信者)」を利用していたため、

海外向けに各国語を利用する場合は、共通の通知メールに併記していました。
 
暗号化ポリシー定義で事前に用途に応じた暗号化通知メールを指定することで、
宛先ごとに適した暗号化通知メールを送付するといった運用ができるようになります。

 

■設定方法
 (1)暗号化通知メールの定義
    [暗号化]-[暗号化通知メール]にて、「暗号化通知メッセージ新規作成」にて作成します。
    ※元メールの件名が定義した「暗号化通知メッセージ」と異なる言語の場合でもそのまま引用しますので、ご注意ください。

添付ファイルを暗号化した際に受信者に送信する通知メールの内容を設定します。

件名と本文には以下の差し込み文字列が使用できます。
((%RCPTTO%))      受信者アドレス
((%HEADER-SUBJECT%))  元のメールの件名(※)
((%HEADER-DATE%))    元のメールのヘッダー日時
((%PASSWORD%))    システムで生成したパスワード

 

 (2)暗号化タイプ定義で、(1)で作成した通知メールを指定
   [暗号化]-[暗号化タイプ定義]にて、暗号化通知メッセージ(受信者)に
    【作成した暗号化通知テンプレート】を指定します。

 

フィルター講習会にご参加いただいていないお客様については、弊社サポート窓口にて設定変更を承ります。

ご希望の設定内容をサポート窓口までお知らせください。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk