Office 365 でグループアドレス展開後はフィルタリング対象か

 ユーザー向け

 

Q.

グループアドレスに含まれる社外宛アドレスがフィルタリングされていないようですが、なにか制約があるのでしょうか。

 

A.

Office 365 の グループアドレス宛(社外アドレス含む)にメール送信した際は、以下のようなフローとなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. Office 365 から グループアドレス宛 にメールを送信

2. Office 365 内 で グループアドレス宛 の各メンバーへメールを展開

3. 展開後のグループアドレスが…
  a) 社内宛:Office 365 内 で メールが送信される。(社内の個人宛と同様)
       ★弊社フィルタリングサービスを経由しない

  b) 社外宛:Office 365 のデフォルト仕様で、メーリングリスト(配布グループ、
       セキュリティグループ、動的配布グループ)展開後に外部宛となるメールでは、 
       エンベロープ From がNull(空)となってメールが送信される。

       ★弊社フィルタリングサービスへ受け渡される
        が、エンベロープ From アドレスが空の状態
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社フィルタリングサービスは、送信メールのエンベロープ From の値をフィルタリングルールの判定値としています。
このため、エンベロープ From アドレスが空の場合は、フィルターの適用対象外となります。


また、上記の Office 365 のデフォルト仕様の動作自体を変更することも可能となり、フィルターの適用対象とすることも可能です。

 

■Set-DistributionGroup
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124955(v=exchg.150).aspx

設定方法:PowershellにてReportToOriginatorEnabled を Trueへ変更

コマンド実行例:
 Set-DistributionGroup -Identity <グループ名> -ReportToOriginatorEnabled $True

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk