OTP 発行方法と有効期限

ご質問

OTP を発行する方法と有効期限を教えてください。

 

回答

OTP を発行する方法は、以下の 3 パターンがあります。

1. 「OTP 生成アプリケーション」を利用する

OTP 認証デバイスとしてスマートデバイスを使用します。
スマートデバイスにインストールした「OTP 生成アプリケーション」で OTP を発行します。
30 秒毎に異なる値が自動生成され、各 OTP の有効期限は 最大 1 分 30 秒 です。
※OTP 生成アプリケーションがインストールされている端末の時刻が正確である前提となります。

OTP 生成アプリケーション

2. メールアドレスを利用する

指定のメールアドレスに  OTP を通知します。
30 秒毎に異なる値が自動生成され、各 OTP の有効期限は最大 1 分 30 秒 です。


1、2 についての設定方法は次のオンラインマニュアルをご参照ください。

 

3. 「非常用OTPトークン」 を利用する

管理者のみが確認 / 設定可能な「非常用OTPトークン」 (*) を利用します。

(*) 非常用OTPトークン
一回使い切りのパスワードです。一度使用した非常用 OTP トークンは無効となります。
ユーザーごとに複数の設定が可能です。

「非常用OTPトークン」 の設定/確認方法

1. HENNGE Access Control 管理画面に管理者権限でログインします。
 ■HENNGE Access Control 管理画面 URL はサービス利用開始通知でご案内しています。

 2. 左メニュー ユーザー 「ユーザー一覧」 をクリックします。

3. 設定 / 確認したいユーザーの鉛筆アイコン(編集)をクリックします。

スクリーンショット 2023-12-04 19.35.29.png

 4.「ユーザー編集」 画面の 「非常用OTPトークン」 を確認ください。

スクリーンショット 2023-12-04 19.39.04.png

※「非常用OTPトークン」 はマスクして表示されているため、「コピー」ボタンから値をコピーしてメモ帳などでご確認ください。
※ 初期設定では、5 件登録されておりますが、「非常用OTPトークン」 を頻繁に利用される場合は、多めに設定いただくことも可能です(最大 50 個)。
※ 任意の値を設定することが可能ですが、同一の値の非常用 OTP トークンを複数発行して使うことはできかねます。


          
この記事は役に立ちましたか?