新機能リリース情報:HDE アクセスコントロール

2017年10月23日の週にリリースされた HDE アクセスコントロールサービスの新機能をご案内いたします。

なお、リリース情報発表時に記載しておりました、Windows Phone へのデバイス証明書対応は、Microsoft 社の発表を受けリリースを取り止めさせていただきました。

 

1. [G Suite/Office365] [ユーザー画面] [セキュアブラウザ]
 認証用 QR コードのテキストコピーに対応

 QR コードリーダーアプリ・プラグインを使用する事ができないユーザー向けのテキストコピーに対応しました。
 旧ログイン画面からのユーザー設定メニューには表示されません。詳細はこちらをご覧ください。

2. [G Suite/Office365] [ユーザー画面] [デバイス証明書]
 ユーザー設定画面上にデバイス証明書一覧を表示

 ユーザー自身が許可されているデバイス証明書一覧を確認できるようになりました。
 また、管理者がアクセスポリシーグループにて許可設定する事で、ユーザー自身が証明書の失効操作を実施することができます。
 詳細はこちらをご覧ください。

3. [Office365] [管理画面] [セキュアブラウザ]
   Admin Consent を利用した未読通知の取得に対応

 当該設定を実施する事で、Exchange Online 上でユーザー毎のIMAP接続許可設定が不要になります。
   詳細はこちらをご覧ください。

 

4. [G Suite/Office365] [管理画面] [セキュアブラウザ]
 アクセスコントロールユーザー管理画面のUI変更

 ユーザー一覧からユーザー毎に許可されたセキュアブラウザ情報を確認できるようになりました。

 詳細はこちらをご覧ください。

 

5. [G Suite/Office365] [管理画面] [デバイス証明書]
 アクセスコントロールユーザー管理画面のUI変更

 ユーザー一覧からユーザー毎に配布された証明書情報を確認できるようになりました。

 詳細はこちらをご覧ください。

 

6. [G Suite/Office365] [管理画面] [セキュアブラウザ]
 ユーザー名またはセキュアブラウザIDでの検索機能追加

 セキュアブラウザメニュー内のデバイス一覧画面に検索機能が追加されました。

 詳細はこちらをご覧ください。

7. [G Suite/Office365] [管理画面] [デバイス証明書]
 アクセスコントロールユーザー管理画面のUI変更

 ユーザー宛てに配布されるデバイス証明書が、証明書一覧上にてインストールされたかどうかを確認する事が可能になりました。

 詳細はこちらをご覧ください。

 

8. [G Suite/Office365] [デバイス証明書]
    Windows Phone にデバイス証明書が対応

 現在操作マニュアルを作成中です。提供準備が整い次第、本リリース情報記事にてご案内いたします。
 なお、Windows Phone の AzureAD Domain Join には今後も未対応です。 

   Microsoft 社の Windows Phone 提供終了の発表に伴い、弊社においても慎重な議論を重ねた結果として、 デバイス証明書対応を行わない方針とさせていただきました。(2017年11月2日追記)  

 

9. [Office365] [ユーザー画面] [ログイン画面]

  Office365ログインページから自動遷移した際にユーザー名を初期表示

  Office365ログイページから自動遷移した際に、ユーザー名を初期表示する事が可能になりました。

  詳細はこちらをご覧ください。


ご不明な点がございましたらサポートチームまでお気軽にご連絡くださいませ。
今後とも HDE One を何卒宜しくお願いいたします。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk