一部のファイル形式がブロックされる

newgs_logo_.png ユーザー向け

 ユーザー向け

 

Q.

特定の形式のファイルを添付してメールを送信したら、Gmailで受信を拒否されてエラーメールが戻ってきました。
なぜでしょうか?

 

A.

受信先が Gmail を利用している場合、送受信可能なファイル形式に制限があります。

  • Google参考URL

https://support.google.com/mail/answer/6590?hl=ja

 

こちらに記載された形式のファイルを添付した場合、送受信に制限がございますので、ご注意ください。


◇ 抜粋
パスワードで保護された ZIP ファイルが含まれる ZIP ファイルを送信することはできません。

すべてのファイルを展開するか、可能であればパスワード保護を解除してください。

 

なお、弊社サービスで「ZIP暗号化機能」をご利用いただいている場合、拡張子が「.zip」のファイルを添付すると、二重ZIP(※)となるため、Gmail の制限にかかることがございます。

※ ZIPファイルをさらにZIP暗号化したファイルのことを指します。

 

本事象を回避するために…

  1. ZIPファイルを添付しないようユーザー様にアナウンスし、ZIP暗号化機能を利用する(★デフォルトの設定)
    (セキュリティ度:高 ユーザー負荷:低) 

    メリット
    全てのファイルを一律で自動暗号化します。

    デメリット
    ZIPファイルをお客様が添付した場合、二重ZIPすることになります。
    そのため、ユーザー様へPC等の環境でZIP化したファイルを添付しないよう周知いただく必要がございます。


  2. ZIPファイルが添付されてきた場合は削除する
    (セキュリティ度:高 ユーザー負荷:中)

    メリット
    送信したいファイルをそのまま添付することができます。
    システム側で付与するランダムパスワード運用を徹底させるため、ユーザー自身にZIPファイルを作らせない運用となります。

    デメリット
    ZIPファイルを添付した場合はメールが削除されますので、送信者様は別のフォーマットで再度メールを送信する必要があります。

     

  3. ZIPファイルが添付されてきた場合は暗号化ZIP化しない
    (セキュリティ度:中 ユーザー負荷:低)


    メリット
    ZIPファイルの添付を認め、二重ZIP状態のみを回避する運用となります。

    デメリット
    暗号化されていないZIPファイルが宛先に届くことを許容する運用となります。

      

ご希望の設定がございましたら設定を変更させていただきますので、サポートチームまでご連絡ください。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk