HDE Oneとは?

HDE One  各クラウドサービス (例 : Office 365, G Suite, Salesforce び SAML 認証・認可に対応したその他の Web サービス)をご利用中のユーザに、潜在的なセキュリティの 脅威 と リスクを効果的に 取り除くことができる追加機能を提供する、複数のサービスからなる クラウドセキュリティパッケージ です。

HDE One は5つのサービスで構成されています:

1) HDE アクセスコントロール

2) HDE セキュアブラウザ

3) HDE メールセキュリティ 

4) HDE メールアーカイブ 

5) HDE オンラインストレージ 

1) HDE アクセスコントロール

  • シングルサインオン 機能により、ユーザー認証を代行することによって、各クラウドサービスに同一アカウントでログインすることが可能になります。 
  • システム管理者が パスワードポリシー を設定し ユーザ管理 を行うことが可能です。 
  • アクセスポリシーグループ の設定により、特定のネットワーク (例:社内ネットワーク)からのアクセスのみ各クラウドサービスにログインできるように 制限 することが可能になります。 
  • システム管理者がシステム内の各ユーザのアクセス状況の詳細を把握することができます。
    (例 : アクセスされた日付、時間、IPアドレス、利用されたデバイス など)

より詳細な情報は、こちらのリンクをご参照ください:

HDE アクセスコントロールとは?

2) HDE セキュアブラウザ

  • ローカルデバイスにダウンロードおよび保存が行われないようにすることで、端末に機密情報が残ることを防ぎます。
  • ブラウザに表示されているテキストの コピーを禁止 し、情報漏洩の可能性を低下させます。

より詳細な情報は、こちらのリンクをご参照ください:

HDE セキュアブラウザとは?

3) HDE メールセキュリティ

  • 送信メール を 一時保留 することで、送信者が送信プロセスを完了させる前にレビューをし、メールのコンテンツが正しく記述されているかどうかを再確認し、必要に応じて間違いを修正することができます。
  • 機密データ を含む可能性があるメールが受信者に送られることを 防止します。機密データとは、クレジットカード番号、電話番号、特定のキーワード、メールアドレスなどです。
  • 添付ファイルの 自動ZIP暗号化 を行い、パスワードを別送することで、安全に添付ファイルを送付できます。

より詳細な情報は、こちらのリンクをご参照ください:

HDE メールセキュリティとは? 

4) HDE メールアーカイブ

  • ユーザーによって 送受信された 全てのメールを 保管します。
  • システム管理者は、本文、件名、添付ファイルに特定のキーワードを含むものや特定のメールアドレスによって送受信されたメールなど、メールを検索 することができます。 
  • システム管理者は、必要に応じて、全てのアーカイブされたメールを ダウンロードしたり、ローカルにバックアップしたり することができます。

より詳細な情報は、こちらのリンクをご参照ください:

HDE メールアーカイブとは? 

5) HDE オンラインストレージ

  • 転送されたそれぞれのファイルに 固有のパスワードを生成・付与し、受信者がそのファイルへアクセスするために パスワード の 入力 を 要求 することにより、組織内や外部の個人宛への ファイル送信 をセキュアに行うことが可能です。 

  • HDE オンラインストレージから、送信者がリクエストされたファイルをアップロードできるリンクを生成することで、組織内外から 受信する ファイルをセキュアに扱うことが可能になります。

  • 管理者は送受信したファイルのログを確認することができます。

より詳細な情報は、こちらのリンクをご参照ください:

HDE オンラインストレージとは? 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk