HDEアクセスコントロールの設定(Office 365)

ご利用のOffice 365ドメイン環境内でアクセスコントロールが十分に機能するためのアクセスコントロールの正しい設定方法について記載しております。この全体の設定には次の2つの手順が含まれます:ご利用のクラウド環境からアクセスコントロールにアカウントを同期するためにHDE One Directory Syncをインストールする手順と当社のアクセスコントロールによって提供されたアカウント詳細の確保によりシングルサインオンを設定する手順ですが、これらの2手順は完全に連結しています。

1) HDE One Directory Syncの設定

目的:Office 365 とHDEアクセスコントロール間の同期接続の設定

HDE One Directory Syncの設定は、クラウド環境の違いによって僅かに異なります。:

(i) HDE One Directory Sync(Azure Active Directoryを利用したOffice 365)

a. Windows PC と必要なツールを準備する。
b. 管理者権限でHDE Access ControlをOffice 365と接続する。
c. 当社の同期サーバーにルールをアサインするためにPowerShell上でコマンドを実行する。
d. 当社にて同期を実行する。 

こちらの記事を参照してください: HDEアクセスコントロール:HDE One Directory Sync(Azure Active Directoryを利用したOffice 365)

(ii) HDE One Directory Sync(Windows Active Directoryを利用したOffice 365)

こちらの記事を参照してください: HDEアクセスコントロール:HDE One Directory Sync(Windows Active Directoryを利用したOffice 365)

2) シングルサインオンの設定 

ご利用のMicrosoft Windows機器にHDE One Directory Syncをインストールした後、シングルサインオン設定に進んでください。尚、このアクセスコントロールシングルサインオン設定はAzure Active Directory環境にも Windows Active Directory環境にも適用できます。 

Single Sign-on Setup

a. Windows PC と必要なツールを準備する。
b. PowerShellを使ってMicrosoftオンラインサービスを介してOffice 365 にログインする。
c. "onmicrosoft.com"をセットして規定ドメインにする。
d. HDEアクセスコントロール管理画面から“サーバー証明書”をダウンロードする。
e. HDE OneドメインとOffice 365ドメインを連結させる。

こちらの記事を参照してください: HDE アクセスコントロール : シングルサインオン セットアップ (Office 365)

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk