HENNGE Access Controlの設定(Office 365)

ご利用のOffice 365ドメイン環境内でアクセスコントロールが十分に機能するための、アクセスコントロールの正しい設定方法について記載しております。この設定には次の2つの手順が含まれます:

ご利用のクラウド環境からアクセスコントロールにアカウントを同期するためにHENNGE One Directory Syncをインストールする手順と、Office365とアクセスコントロールのシングルサインオンを設定する手順です。

1) HENNGE One Directory Syncの設定

目的:Office 365 とHENNGE Access Control間の同期接続の設定

(i) HENNGE One Directory Sync(Azure Active Directoryを利用したOffice 365)

a. Windows PC と必要なツールを準備する。
b. 管理者権限でHENNGE Access ControlをOffice 365と接続する。
c. 当社のクラウド上同期サーバーに権限を付与するためのコマンドをPowerShellで実行する。
d. 当社にて同期を実行する。 

こちらの記事を参照してください: ユーザー同期にあたっての Admin Consent (Office 365)

(ii) HENNGE One Directory Sync(Windows Active Directoryを利用したOffice 365)

お客様保有のWindows Active Directoryの構成により設定が変わりますので、弊社までお問い合わせください。

2) シングルサインオンの設定 

ご利用のMicrosoft Windows機器にHENNGE One Directory Syncをインストールした後、シングルサインオン設定に進んでください。尚、このアクセスコントロールシングルサインオン設定はオンプレのActive Directory環境にも Windows Azure Active Directory環境にも適用できます。 

Single Sign-on Setup

a. Windows PC と必要なツールを準備する。
b. PowerShellを使ってMicrosoftオンラインサービスを介してOffice 365 にログインする。
c. "onmicrosoft.com"を規定ドメインにセットする。
d. HENNGE Access ControlとOffice365のフェデレーション設定コマンドを実行する。
 ※弊社から各お客様に提供する接続設定シートが必要となります。

詳細手順はこちらの記事を参照してください: HENNGE Access Control : シングルサインオン セットアップ (Office 365)

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk