OpenIDconnect接続設定 (G Suite)

本稿では、G Suite のオープンID接続を利用したHDE Oneメールセキュリティのセットアップ方法を案内しております。.

Step 1 - G Suite 管理コンソールにログインします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_11.13.29_AM__3_.png

Step 2 - 管理コンソール画面で "アプリ"をクリックします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_11.34.06_AM__2_.png

Step 3 - 「(Apps)」画面で、「その他のGoogleサービス」をクリックします。 

Screen_Shot_2015-12-02_at_3.47.01_PM__1_.png

Step 4 - 「Google Developers Console」をクリックします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_3.53.36_PM__1_.png

Step 5 - Google Developers Consoleを下図のように「オン(すべてのユーザー)」で起動します。

Screen_Shot_2015-12-02_at_3.56.25_PM__1_.png

Step 6 - 「すべてのユーザーに対してオンにする」をクリックします。これにより、この後の手順で新しいプロジェクトの作成が可能になります。

Screen_Shot_2015-12-02_at_3.56.52_PM__1_.png

Step 7 - グーグル管理者のアカウントでログインしたままの状態で、「https://console.developers.google.com/project」 にログインし、「プロジェクトを作成」をクリックします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_4.10.47_PM__1_.png

Step 8 - 新しいプロジェクトに「HDE One誤送信対策」と名前を付けます。

Screen_Shot_2015-12-02_at_4.32.22_PM__1_.png

プロジェクトIDを編集するには「編集」をクリックします。下図サンプルにある「mo-yourdomain-hdemail-jp」の「yourdomain」部分を実際のドメインに変更して入力します。

Screen_Shot_2015-12-02_at_4.32.22_PM__1_.png

Step 9 - プロジェクトを作成した後、プロジェクトダッシュボードの「Use Google APIs」をクリックします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_4.49.01_PM__1_.png

Step 10 - プロジェクトAPI画面の「認証情報」で「OAuth同意画面」タブをクリックし、更に下図に従って「メールアドレス」「ユーザーに表示するサービス名」「ホームページのURL」を入力します。全て入力し終えたら「保存」をクリックします。

Screen_Shot_2015-12-02_at_4.49.33_PM__1_.png

Step 11 - Oauth同意画面の設定を保存したあと、「認証情報」タブに移り「認証情報を作成」をクリックします。「OAuthクライアントID」を選択します。

Screen_Shot_2015-12-02_at_5.12.59_PM__1_.png

Step 12 - 「クライアントIDの作成」画面で「アプリケーションの種類」として「ウェブアプリケーション」を選択します。名前は「HDE One誤送信対策」とします。「承認済みJavaScript生成元」と「承認済みのリダイレクトURI」に関しては弊社が提供する接続設定資料をご参照ください。

Screen_Shot_2015-12-02_at_5.18.46_PM__1_.png

Step 13 - クライアントID作成後、「認証情報」タブに移り、新しく作成されたクライアントIDを探します。そして下図のようにクライアント機密データを.jsonファイルとしてダウンロードするためにダウンロードボタンをクリックします。.jsonファイルは全セットアップを完了させる最終ステップへと進むためにHDEのサーバーにアップロードする必要がありますので、.jsonファイルを入手されましたらHDEのサポートスタッフへのご連絡と.jsonファイルのご提出をお願い致します。

Screen_Shot_2015-12-02_at_5.54.34_PM__1_.png

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk