HDE オンラインストレージのセットアップ(Office 365) ※アクセスコントロールを利用しない場合

本稿では、Office 365ドメインとHDE One環境間でHDEオンラインストレージが十分に機能するように適切にセットアップするための手順を案内しております。このセットアップは、HDE アクセスコントロール未利用のHDEオンラインストレージ利用ユーザー様への案内ですので、ご注意ください。

セットアップを開始する前に、ご利用の端末がセットアップの前提条件を満たしているかご確認ください。

PowerShellを設定する為に必要な条件

(i) 以下がインストールされているWindowsの端末であること。:

1) PowerShell ver. 3.0 以上

2) Windows PowerShell版 Azure Active Directory モジュール

Windows PowerShell版 Azure Active Directoryモジュール(64-bit バージョン)

3) ITプロフェッショナル用Microsoft Online Servicesサインインアシスタント

ITプロフェッショナル用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW

上記必要なアプリケーションがインストールされたWindowsの端末であることが確認できましたら、実際の設定に進みます。

(1) Office 365への接続

1.1) 管理者アカウントにてログイン

まず、管理者としてインストールした Windows PowerShell版 Azure Active Directoryモジュール を実行します。

1.1.1) 下記のコマンドを実行します。:

Connect-MsolService

1.1.2) コマンド実行後、ログインダイアログがポップアップされますので、管理者アカウントのユーザー名(xxx@yourdomain.onmicrosoft.com)とパスワードを入力し、ログインします。

Screen_Shot_2015-10-13_at_3.40.11_PM__2_.png

1.2) ドメイン情報の取得

ログインに成功したら、下記のコマンドを入力し、ドメイン環境の状態をチェックします。:

Get-MsolDomain

Screen_Shot_2015-10-13_at_5.11.41_PM__2_.png

「Status」の項目が"Verified"、「Authentication」の項目が"Managed"になっている場合、次のステップへ進みます。

(2) コマンドの実行

Windows端末にてPowerShellアプリケーションを起動し、下記のコマンドを実行します。

サンプルに追記し、コマンドを完成させてください。:

(「yourdomain」をご利用のドメインアドレスに置き換えてください):

$uri = "https://upload.hdedrive.com/signup"
$replyUrl = "https://upload.hdedrive.com/saml2/acs"
$reply = New-MsolServicePrincipalAddresses -Address $replyUrl -AddressType Reply
New-MsolServicePrincipal -DisplayName yourdomain-hos -ServicePrincipalNames $uri -Addresses $reply

上記のコマンドを実行後、HDEオンラインストレージはOffice365の環境に問題なく接続されることをご確認ください。

もしエラーが表示された場合は、弊社サポートまでご連絡ください。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk