TOPICS

HENNGE Secure Transfer 接続作業 (Google Workspace)

対象

HENNGE Secure Transfer を Google Workspace よりログインするお客様が対象です。

目的

HENNGE Secure Transfer の認証先を Google Workspace に設定します。

注意事項

1. HENNGE Access Control ご利用の場合、本設定は不要です。

2. 本記事の内容は 2019 年 3 月時点で製品の内容をもとにしたものであり、以後予告なく変更される場合があります。

詳細手順・説明

事前確認事項

1. 設定値の用意

弊社から提供している資料 HENNGE One 接続設定シート.xlsx を事前にご用意ください。

1. [ API クライアント ] の設定

1.1. Google Workspace 特権管理者アカウントにて、 [ Google Admin 管理コンソール ] にアクセスします。

1.PNG

1.2. 次に [ セキュリティ ] にアクセスします。

20200706_1.png

1.3. 次に [ 詳細設定 ] にアクセスします。

20200706_2.png

1.4. 次に [ ドメイン全体の委任を管理 ] にアクセスします。

20200706_3.png

1.5. [ 新しく追加 ] にアクセスします。

20200706_4.png

1.6. HENNGE より案内された資料 HENNGE One 接続設定シート.xlsx に記載の API の値を入力し [ 承認 ] をクリックします。

・[ クライアント ID ] に「クライアント名」を入力します。
・[ OAuth スコープ (カンマ区切り) ] に「1 つ以上の API の範囲」を入力します。

20200706_5.png

1.7. 追加した API クライアントの情報が画面に表示されていることを確認します。

20200706_6.png

1.8. 接続を確認します。

以下 URL へアクセスし、Google Workspace によるログインが可能かを確認ください。

https://upload.hdedrive.com/gaoidc

5.PNG

 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問