Windows機器のOffice 2013でADALを有効にする方法は?

For Office 365

質問:

Windows機器のOffice 2013でADAL(Modern Authentication:モダン認証)を有効にする方法は?

回答:

Office 2016クライアントアプリケーションでは自動的にADALがオンになりますが、Office 2013クライアントアプリケーションをインストールしたWindows機器については、ADALをオンにするために次の手順が必要になります。

1) Windows機器のOffice 2013でADALを有効にする

2) ADALでのExchange Onlineを有効にする

3) ADALでOffice 2013にログインする

1) Windows機器のOffice 2013でADALを有効にする

ステップ 1 - 以下のMicrosoft社の記事の「1-2.更新プログラムの適用」をご参照いただき、ご利用中のOffice365に必要な更新プログラムが適用されているかをご確認ください。適用されていない場合は、記事に従い適用をお願いいたします。

Outlook 2013 で先進認証を有効にする方法

ステップ 2 - ご利用のWindows機器にアップロードされた次のバッチファイルをダウンロードし実行する: EnableModernAuth.bat

Screenshot__20___1_.png

ステップ 2 - 施された変更が有効になるようにWindows機器を再起動する。

2) Exchange OnlineでのADALを有効にする

ステップ 1 管理者権限でWindows PowerShellを実行する。

ステップ 2 下記のコマンドを実行して、スクリプトの実行ポリシーを設定する。:

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

※RemoteSigned - ダウンロードしたスクリプトについて、信頼できる発行元が署名した場合にのみ実行できるポリシーです。
ステップ 3 下記のコマンドを実行し、ダイアログボックスにOffice 365の管理者アカウントを入力しログインする。:

$UserCredential = Get-Credential

ステップ 4 下記のコマンドを実行し、Exchange Onlineとのセッション確立の事前設定をする。:

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection

ステップ 5 下記のコマンドを実行しExchange Onlineとのセッションを確立する。:

Import-PSSession $Session

ステップ 6 下記のコマンドを実行し、Exchange OnlineでADALをオンにする:

Set-OrganizationConfig -OAuth2ClientProfileEnabled:$true

ステップ 7 - 下記のコマンドを実行し、応答結果(OAuth2ClientProfileEnabled)にTrue が返ることを確認する。:

Get-OrganizationConfig | ft name, *OAuth*

ステップ 8 下記のコマンドを実行し、遠隔PowerShell セッションを切断する。:

Remove-PSSession $Session

詳細につきましては下記のサイトをご覧ください: 
Using Office 365 modern authentication with Office clients

3) ADALでOffice2013にログインする

ステップ 1 - 最初にご利用のOffice 365 ID(UPN)を入力する。

__.png

ステップ 2 - Webブラウザでのログインと全く同様に、HDEアクセスコントロールログイン画面のダイアログボックスが表示されます。HDEアクセスコントロールのIDとパスワードでログインしてください。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk