Office 365のUPN(Office 365 ID)の変更手順について

  ユーザー向け

 

Q.

Office 365のUPN(Office 365 ID)を変更するにはどうしたら良いですか。

 

A.
HDEアクセスコントロールサービス(以下、「HAC」)では、既存ユーザーのUPN(Office 365 ID)は変更できないため「ユーザーアカウントの新規作成」が必要となります。
 
導入の構成、アカウント同期の方式によって、UPNの変更手順が異なりますので以下をご参照ください。

 

※同期の構成等の詳細がご不明な場合には、弊社にて確認いたしますので、
 HDE One Directory Sync モジュールの設定ファイルを弊社までお送りください。

 HDE One Directory Sync 設定ファイルのパス
 C:¥Program Files¥HDE One Directory Sync¥config.ini

 

AD連携時(※アカウント同期方向:AD→HAC)

  1. HDE One Directory Sync モジュールのサービス停止します(※自動実行時のみ)

  2. AD上の「ユーザーログオン名」(UPN)を変更します
     
  3. HDE One Directory Sync モジュールのサービスを開始します(※自動実行時のみ)

  

非AD連携時(※アカウント同期方向:HAC→Office 365)

  1. HDE One Directory Sync モジュールのサービス停止します(※自動実行時のみ)

  2. Office 365の管理画面からOffice 365 ID(UPN)を変更します

    ※参考:PowerShellコマンドでUPNを変更する場合
    PS> Connect-MsolService
    PS> Set-MsolUserPrincipalName -NewUserPrincipalName 【変更後の UPN】-UserPrincipalName 【変更前の UPN】

  3. HAC上で旧Office 365 ID(UPN)を持つユーザーアカウントを削除します

  4. HAC上で新Office 365 ID(UPN)を持つユーザーアカウントを作成します

  5. 同期ツールをテストモードで実行し、作業対象のユーザーがリストアップされないことを確認します

    ※ご参考:同期モジュールのテスト実行コマンド(コマンドプロンプト)
     cd "C:\Program Files\HDE One Directory Sync"
    .\console.exe /n

    ※同じOffice 365 ID(UPN)UPNを持つユーザーがOffice 365 / HDEともに 存在しますので、対象ユーザーが delete/add とならないことを確認してください。

  6. 同期ツールを本番モードで実行し、内部パラメータを同期します

    ※ご参考:同期モジュールの本番実行コマンド(コマンドプロンプト)
    cd "C:\Program Files\HDE One Directory Sync"
    .\console.exe

     ※実行結果は「同期なし」となりますが、内部的なパラメータ同期が必要ですので、必ず同期モジュールを本番実行してください。

  7. HDE One Directory Sync モジュールのサービスを開始します(※自動実行時のみ)
 
          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk