[HENNGE Secure Download for Box]パスワード通知メールをカスタマイズする

回答

HENNGE Secure Download for Box のパスワード通知メールをカスタマイズすることが可能です。
下記に手順をご案内いたします。

手順 

1. HENNGE Email DLPに管理者アカウントでログインし、左メニュー [ テナント設定 ] - [ 連携サービス ] を選択します。___.jpg

2. [ HENNGE Secure Download for Box (HSDB) ] - [ 設定 ] を選択します。___.jpg

3. [ パスワード通知メールテンプレート ] - [ カスタマイズ ] を選択します。

___.jpg

4. 各項目にカスタマイズ内容を入力し、[ 変更を保存 ] を選択して内容を保存します。

 ※変更可能箇所・利用可能な差し込みタグは、本ページ下部に記載しております。

__6.jpg

5.  [ プレビュー ] を選択し、プレビュー画面にて各項目に任意の内容が反映されているかを確認します。___.jpg

[パスワード通知メールのプレビュー画面]___.jpg

以上で、HENNGE Secure Download for Box のパスワード通知メールのカスタマイズは完了です。

 

変更可能箇所

タイムゾーン : 後述する差込みタグ ((%HEADER-DATE-LOCAL%)) にて表示されるタイムゾーンを設定します。

エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名に含まれる文字を入力すると選択肢が表示されます。

件名 : 受信者へ送信されるパスワード通知メールの件名を設定します。

    後述する差込みタグを用いることも可能です。

本文 : 受信者へ送信されるパスワード通知メールの本文を設定します。

    後述する差込みタグを用いることも可能です。

差込みタグ

パスワード通知メールの件名または本文で使用可能な差込みタグは以下のとおりです。

((%HEADER-SUBJECT%)) : フィルタリングされたメールの件名

((%HEADER-FROM%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー From

((%HEADER-TO%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー To

((%HEADER-CC%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc

((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From

((%RCPTTO%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ To

((%HEADER-DATE%)) : フィルタリングされたメールの送信日時

※ ((%HEADER-DATE%)) は送信されたメールのヘッダー情報より取得しています。
現状、 Microsoft 365 から送信されるメールヘッダーにはグリニッジ標準時が記載されていますので、日本時刻から -9:00 された値が使用されます。

((%HEADER-DATE-LOCAL%)) : メールの送信日時をタイムゾーンに合わせた値

          
この記事は役に立ちましたか?