弊社提供スクリプト「SetLastPasswordChangeTimestampTool.ps1」の提供終了に伴うお知らせ

対象

HENNGE Access Control でクラウド版ユーザー同期ツールを使用して、HENNGE Access Control から Microsoft365 にユーザー同期を行われているお客様が対象になります。

内容

これまで、HENNGE Access Control から Microsoft365 に直接ユーザーが同期され作成された場合に、特定の属性が空となる事により Microsoft365 関連のアプリケーションで頻繁にサインインが求められる事象が発生しておりました。
この度、以下の記事でアナウンスさせていただきましたように、弊社のクラウド版ユーザー同期ツールのアップデートにより、該当ツールでMicrosoft365のユーザーが作成された場合でも特定の属性に値が入力されるようになりました。
リリース情報:[HENNGE Access Control] 2023年6月(クラウド版ユーザー同期ツールによる特定属性の入力)  

 

その為、 Microsoft 365 のアプリケーションで頻繁にサインインが求められる場合の対処法 で提供をしております「SetLastPasswordChangeTimestampTool.ps1」のスクリプトを定期実行していただく必要が無くなりました。
もし該当の記事内の「4. 定期実行方法」に記載されている手順でWindows OSのタスクスケジューラにタスクの登録をされている場合、お手数ではございますが「SetLastPasswordChangeTimestamp」のタスクの削除をお願いいたします。

 

なお、該当のスクリプトではMicrosoft社のMSOnlineの各コマンドを使用しておりますが、Microsoft社のアナウンス によりますと 2024 年 3 月 30 日にコマンドが廃止になる予定との事でございます。
該当スクリプトも上記予定日以後は使用できなくなる見込みでございますので、お手数をおかけしますが、予定日までにタスク削除及びスクリプトの利用停止をお願いいたします。
また、MSOnlineのコマンドが廃止された後も、Microsoft Graphコマンドを使用して手動で対応を行うことは可能でございます。詳細につきましては、次の弊社記事をご参照ください。
Microsoft 365 のアプリケーションで頻繁にサインインが求められる場合の対処法 ( Microsoft Graph 版 )

          
この記事は役に立ちましたか?