HENNGE Access Control セルフパスワードリセット機能概要

対象

HENNGE Access Control をご利用のお客様

内容

HENNGE Access Control セルフパスワードリセット機能のリリースに伴い、機能概要をご案内する特設ページを開設します。

目次

1.機能概要

2.注意事項

3.機能有効化手順

機能概要

HENNGE Access Control セルフパスワードリセット機能とは

事前にパスワード送付先のメールアドレスを設定しておくことで、ユーザーがパスワードを失念した際に、登録したメールアドレスに認証コードを送信し、管理者に連絡することなくパスワードをリセットすることができます。
従来はパスワードを失念した場合、管理者画面にてパスワードのリセットを行い、新たなパスワードをユーザーへ通知する作業が発生しましたが、そのような管理者の工数が不要となります。

注意事項

本機能は、ご利用に際し注意事項がございます。
本機能を利用されるにあたり、下記の注意事項をお読みいただいたうえでお客様の企業のセキュリティポリシーに沿っていることをご確認ください。

1. Active Directory から HENNGE Access Control にパスワードを同期しているユーザーでは使用できません。

2. 事前に HENNGE Access Control 管理者画面にて機能を有効化しない限り、ユーザーは本機能を利用することができません。
詳細は下記の機能有効化手順をご確認ください。

3. セルフパスワードリセット通知先メール アドレスはユーザーにて任意のメールアドレスを設定することが可能です。
※ 各ユーザーの私用メール アドレスが設定されることが、会社の個人情報管理の方針上許容できるかどうかをご確認ください。
※ メール閲覧において HENNGE Access Control の認証を必要としないメールアドレスの登録を推奨します。

4. 登録可能なメールアドレスは 1 ユーザーあたり 1 個です。

5. 現在、メールアドレスの登録に管理者の承認を必要とする機能はありませんが、管理者画面にて各ユーザーにより設定されたメールアドレスを確認することは可能です。

機能有効化手順

セルフパスワードリセット機能の有効化は HENNGE Access Control の管理画面から行います。

1. [ドメイン設定] - [パスワード関連] - [セルフパスワードリセット] にて、設定値を [常に許可する] または [アクセスポリシーグループの設定に従う] に設定し、画面右上の [変更する] を押下します。
※ [アクセスポリシーグループの設定に従う] の設定を実施した場合は手順 2. を実施します。

2. [ユーザー] - [アクセスポリシーグループ] より機能を許可するグループを選択し、 [セルフパスワードリセットを許可する] 項目をオンにして、[変更する] を押下します。

3. [ユーザー] - [ユーザー一覧] より対象のユーザーを選択し、[セルフパスワードリセット] の項目にパスワードリセット用のメールアドレスを入力し、[変更する] を押下します。
※ユーザーにてメールアドレスを設定する場合は、ユーザーポータルの [パスワード設定] - [パスワード再設定方法の設定] より個別に設定してください。

 

本機能に関するご意見、ご要望は下記のリンクよりお願いいたします。
遷移先のページから機能の重要度を選択し、ご意見、メールアドレスを記載の上送信ください。
HENNGE IdP Edition Roadmap (ユーザーが自身でパスワードをリセットできるようにする)

          
この記事は役に立ちましたか?