(※重要)【HDE One/誤送信/情報漏えい対策サービスの基盤アップデートに関するご案内】

お客様各位
日頃より HDE One サービスをご利用いただき誠に有り難うございます。

現在ご利用いただいている
「誤送信/情報漏えい対策サービス(以下、フィルタリングサービス) の基盤アップデート」
についてご連絡をさせていただきます。

現行のフィルタリングサービス基盤は、お客様毎にシングルインスタンス/シングルテナント方式 にてサービスを提供しておりますが、シングルポイントのため障害影響を受けやすい、リソース増強に限界値があるなど、お客様にご迷惑をおかけするケースが多く、お客様のご要望としても各社様より改善のご要望を頂戴しておりました。

そこで当社では、お客様のご要望の実現と、サービスの可用性/信頼性の向上を目的として、昨年の2017年より先行導入に協力いただいた約50社様向けに新フィルタリングサービス基盤を公開しており、十分な稼働実績検証を経ることができました。

つきましては、マルチインスタンス/マルチテナント方式の新フィルタリングサービス基盤を「標準サービス構成」として、【2019年12月末まで】を目処にすべてのご利用ユーザー様に対し、新フィルタリングサービス基盤に移行いただくことを計画しております。

勿論基盤が刷新されましても、ライセンス単価の変動はなく、また、本基盤移行にあたっては、一部お客様作業もございますが、当社では基盤移行の専門チームを設け、スムーズなご移行のご支援をさせていただきます。

■フィルタリングサービス移行スケジュール
・2018年6月: 新フィルタリングサービス移行計画の通知(※本メール)
・2018年7月: 移行説明会の実施、移行手順/設定パラメータ等のご案内開始
・2019年12月: すべてのユーザー様を新フィルタリングサービス環境に移行完了、現行フィルタリングサービス環境を停止

なお、新フィルタリングサービス基盤への切り替えに際しては、2018年7月以降の当社新フィルタリングサービス上での受け入れ準備が完了した後、お客様にて G suite / Office365 環境のメールリレー設定を変更していただく必要がございます。

具体的な設定手順やスケジュール、問い合わせ窓口等につきましては、上記の通り 2018年7月以降 に順次ご案内を進めてまいりますので、当社からのご連絡をお待ちください。

お客様にはお手数をおかけし恐縮でございますが、本移行計画にご協力をいただけますようお願い申し上げます。 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk