[ver.2]DKIMの設定

for G Suite / for Office 365

この記事では、メール誤送信対策管理画面でDKIMの設定を正しく行う方法についてご案内いたします。

 

Step1. 「電子署名」-「DKIM設定」をクリックします。

__7.png

 

Step2. 「セレクター」のパートにあるプラスマークをクリックします。

__6.png

 

Step3. DKIMセレクター作成のウィンドウが表示されますので、「セレクター名」に任意の値を入力し、鍵長を「1024ビット」または「2048ビット」から選択してください。

__8.png

 

 Step4. 作成したセレクターを選択すると、DNSに追加するためのTXTレコード値が表示されます。表示された値を利用して、DNSへDKIMの設定を実施してください。
※デフォルトでTXTレコード値に t=y;(テストモード)のタグも表示されているため、本番利用する場合は t=y; を削除してください。

__9.png

 

Step5. DNSへのTXTレコード登録後、ドメイン名にDKIMを登録するドメインを入力し「適用」ボタンを押下します。

__10.png

 

DKIMの設定については以上となります。

 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk