OutlookでOffice365に接続ができない場合の対処法

 

for Office 365

Q. OutlookでOffice365に接続ができません。実施すべき対処法を教えてください。

A. 現象が発生しているのが、全ユーザーか一部のユーザーかで対処方法が異なります。

 

すべてのユーザーで事象が発生している場合1.  2. 3. 4. → 5. の順に対処方法をお試しください。

一部のユーザーで事象が発生している場合 5. → 4. → 3. → 2. → 1. の順に対処方法をお試しください。

 

対象方法1.

 接続をしようとしているユーザーのドメインのDNSのレコードに、autodiscoverなどの値が正しく登録されているかを確認してください。
 特に社内向け、社外向けに別々のDNSサーバーが存在する場合は、両方のサーバーに正しく値が登録されている事を確認してください。


<参考記事>

 

 

対象方法2.

 URLフィルタリングサービスなどを利用している場合は、HENNGE Access Controlへの通信が許可されている事を確認してください。


<参考記事>

 

 

対象方法3.

 新規作成したユーザーで接続が行えることをご確認ください。
 既存のユーザーでは接続できないが、新規作成したユーザーで問題無く接続が行える場合、HENNGE Access Controlが保持する内部パラメータに問題がある可能性があります。弊社カスタマーサクセス窓口までお問い合わせください。

 

 

対象方法4.

 Outlook2016をご利用で、Exchange OnlineがWS-Trust認証対応の設定となっている場合は、認証要求の通信がお客様のネットワークのグローバルIPアドレスの情報を持ってHENNGE Access Controlに到達しているかを確認してください。
※WS-Trust認証のログについては、HENNGE Access Control管理画面からの確認ができないため、カスタマーサクセス窓口までお問い合わせください。


<参考記事>

 

 

対象方法5.

 Microsoft社から公開されている「フェデレーション環境で Outlook に接続できない! (対処編)」に記載のされている各ステップを実施してください。


<参考記事>

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk