TOPICS

HENNGE Email DLP 解除手順(Google Workspace)

対象

Google Workspace をご利用のお客様で、 HENNGE Email DLP との接続を解除するお客様が対象です。

目的

Google Workspace と HENNGE Email DLP の接続を解除します。

注意事項

1. HENNGE Email DLP の接続解除と併せて HENNGE Email Archive の接続も解除する場合は、
HENNGE Email Archive 解除手順(Google Workspace) の記事をご参照ください。
※ お客様の HENNGE One 構成により、リンク先の設定と異なる場合があります。
その際は Customer Success Guide までお知らせください。 

手順

転送設定の削除

Google Workspace 管理コンソールログインし、 [ アプリ ] - [ Google Workspace ] - [ Gmail ] - [ ルーティング ] と遷移します。
[ ルーティング ] 項目にある、対象のルーティング設定を 1 つ削除します。

※ 登録されている名称はお客様環境により差異がございますのでご注意ください。

※ 削除対象のルーティング設定は必ずよく確認してください。メール疎通に影響が発生します。
削除時は念の為、編集で詳細を開き、 [ 登録ユーザー ]の使用ルートが、後述の手順「2. ホストの削除」で記載しているホストと一致していることを確認してください。

対象のルーティング

・HENNGE Email DLP 用転送

2021031904.png

ホストの削除

Google Workspace 管理コンソールログインし、 [ アプリ ] - [ Google Workspace ] - [ Gmail ] - [ ホスト ] と遷移します。
[ ホスト ] 項目にある、対象のホストを削除します。

対象のホストはお客様により異なり、以下のうちのいずれかとなります。

対象のホスト

・mail.oz.hdemail.jp
・mo.[お客様識別子].hdemail.jp
・gwsmtp.mo.hdems.com
※ 名前が異なる場合も、ホストが合致していれば削除対象です。
設定中のホストが合致しない場合は Customer Success Guide までお知らせください。
2021031906.png

SPF レコード の削除

※ SPF レコードを設定していないお客様は必要ありません。

SPF レコードから HENNGE One の SPF 値を解除します。

例 )
・変更前

v=spf1 include:_spf.google.com include:xxx.hdemail.jp ~all
または
v=spf1 include:_spf.google.com include:spf.mta.hdems.com ~all

変更後

v=spf1 include:_spf.google.com ~all

もっと見るの削除

※もっと見るリンクを設定していないお客様は必要ありません。

Google Workspace 管理コンソールにログインし、 [ アプリ ] - [ Marketplace アプリ ] より
対象のサービスリンクを削除します。

SnapCrab_NoName_2018-5-9_12-59-39_No-00.png

設定は以上となります。
お手数ですが、作業が完了しましたら Customer Success Guide までご連絡ください。

          
この記事は役に立ちましたか?