保護対象メールボックスの接続手順

対象

HENNGE Cloud Protection を導入されるお客様が対象です。

目的

HENNGE Cloud Protection に追加した Microsoft 365 テナントの Exchange Online において、保護対象とするメールボックスを選択します。

注意事項

1. ご利用の端末の OS、バージョン、機種により画面の表示が異なる場合がございます。

2. 本記事の内容は 2022 年 4 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予定なく変更される場合があります。

詳細

1. 特定のユーザ(メールボックス)のみ保護対象とする場合

詳細手順につきましては以下の項目をご確認下さい。

保護対象メールボックス − 特定のユーザーのみを保護対象とする

2. 全てのメールボックスを保護対象とする場合

詳細手順につきましては以下の項目をご確認下さい。

保護対象メールボックス − 全てのユーザを保護対象とする

3. 既に設定したメールボックスの保護を解除する場合

詳細手順につきましては以下の項目をご確認下さい。

保護対象メールボックスの保護解除手順

4. 制限事項

4.1. 保護できる共有メールボックス数の上限

Exchange Online 上 の共有メールボックスも HENNGE Cloud Protection で保護することができます。
共有メールボックスは Exchange Online (Microsoft 365) 上のメールボックスを複数ユーザーで共有できる機能であり、購入しているライセンス数以上作成することが可能です。
ただし、HENNGE Cloud Protection で保護できる共有メールボックス数はご契約いただいている HENNGE One のライセンス数までとなります。

そのため、ライセンス数を超える分の共有メールボックスはHENNGE Cloud Protection で保護することができませんのでご注意ください。
(HENNGE One のライセンスは Microsoft 365 のライセンスと同数でご契約いただきます。)

例として、Exchange Online (Microsoft 365) を 100 ライセンスご購入の場合、HENNGE One も 100 ライセンスとなり、保護できる共有メールボックスも 100 個までとなります。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問