通知テンプレート定義を作成する

HENNGE Email DLP の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Email DLP の通知テンプレート定義の作成方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2021 年 12 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Email DLP の管理者権限が必要です。
管理者の設定方法は、以下の記事をご参照ください。

管理者を設定 / 変更する

3. HENNGE Email DLP 管理画面の URL は、お客様テナントより異なります。

アクセス URL 例 : https://console.mo.hdems.com/#/admin/[ メイン ドメイン ]

詳細説明 / 手順 

通知テンプレート定義に関わる設定は、 HENNGE Email DLP に管理者アカウントでログインし、左メニュー [ 暗号化 ] - [ 通知テンプレート定義 ] にあります。

本通知は、ZIP 暗号化された添付ファイルについて、パスワードなどの情報を受信者に対して通知するために使用します。

___________.png

手順

1. [ 作成 ] を選択します。

1._____________-____.png

2. 各項目を入力し [ 作成 ] を選択します。

2.______________________.png

テンプレート名 : 任意の値を入力してください。

通知タイプ : 変更不可の項目です。

件名 : ZIP 暗号化後に受信者宛てに送信されるメッセージの件名を入力してください。

本文 : ZIP 暗号化後に受信者宛てに送信されるメッセージの本文を入力してください。
後述する差込みタグを用いることも可能です。

言語 : 「日本語」または「英語」のどちらかを選択してください。

タイムゾーン : 後述する差込みタグ ((%HEADER-DATE-LOCAL%)) にて表示されるタイムゾーンを設定します。
エリア (Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭 2 文字を入力すると選択肢が表示します。

差込みタグ

通知テンプレート定義の件名または本文で使用可能な差込みタグは以下のとおりです。

((%HEADER-SUBJECT%)) : 元のメールの件名

((%HEADER-DATE%)) : 添付ファイル自動暗号化がされたメールの送信日時

※ ((%HEADER-DATE%)) は送信されたメールのヘッダー情報より取得しています。
現状、 Microsoft 365 から送信されるメールヘッダーにはグリニッジ標準時が記載されていますので、日本時刻から -9:00 された値が使用されます。

((%HEADER-DATE-LOCAL%)) : フィルタリングされたメールの送信日時を「通知テンプレート定義」で指定したタイムゾーンに合わせた値

((%PASSWORD%)) : ZIP 暗号化されたファイルのパスワード

((%HEADER-FROM%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー From

((%HEADER-TO%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー To

((%HEADER-CC%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc

((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From

((%RCPTTO%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ To

((%HEADER-MESSAGEID%)) : フィルタリングされたメールのメッセージ ID

((%ATTACHMENT-NAMES%)) : 添付ファイル名

((%ENCRYPTED-ATTACHMENT-NAME%)) : 暗号化タイプ定義で指定した暗号化後添付ファイル名
暗号化タイプ定義を作成する

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問