保護対象メールボックス − 全てのユーザを保護対象とする

対象

HENNGE Cloud Protection を導入されるお客様が対象です。

目的

HENNGE Cloud Protection に追加した Microsoft 365 テナントの Exchange Online において、全てのユーザ(メールボックス)を保護対象とする方法を説明します。

注意事項

1. ご利用の端末の OS、バージョン、機種により画面の表示が異なる場合がございます。

2. 本記事の内容は 2022 年 4 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予定なく変更される場合があります。

詳細

1.  HENNGE Cloud Protection 管理画面へのアクセス

1.1. 以下の URL にアクセスし、HENNGE Cloud Protection の管理画面を開きます。

https://elements.f-secure.com/apps/cloudprotection/

1.2. 画面の左側メニューより [ COLLABORATION PROTECTION ] - [ クラウドサービス ] をクリックします。

1.2._COLLABORATION_PROTECTION____________.png

2. 保護対象メールボックスの選択

2.1. 対象のクラウドサービスの [ Exchange ] 列 → [ セキュリティ保護を構成 ] を選択します。
保護対象メールボックスを構成済みの場合は、対象列内にある数字のアイコンを選択します。

2.1.____________2.png

2.2. [ すべてのメールボックスを保護 ] を選択し、ページ下部の [ 保存 ] を選択します。

2.2._________________2.png

※ [ すべてのメールボックスを保護 ] を選択した場合は、[ 新しいメールボックスを保護 ] は自動的にオンとなり、オフにすることはできません。

2.3. 以下の項目を実施し、動作確認をします。

接続後の動作確認

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問