エラーメッセージ集 HENNGE Access Control

○ HENNGE Access Control

 エラーメッセージ  原因・対処方法
 403 アクセスポリシー違反

 組織が許可した条件でアクセスしていません。接続元 IP アドレスや媒体が許可されているか確認し、不明の場合はシステム管理者にお問い合わせください。管理者は、ユーザーのアクセスを許可したい場合、アクセスポリシーグループの割り当てを変更するか、アクセスポリシー条件を変更してください。
  アクセスポリシーグループで設定可能な項目
  ユーザーへのアクセスポリシーグループ割当て

 

 404 Not found

 許可されたサービスプロバイダにアクセスしているかご確認ください。 

また、アクセスしている URL に誤りがないかご確認ください。

 403 Forbidden

既にログイン済みですが、異なる HENNGE One テナントにログインしようとしています。 「ログアウトして別のユーザーでログインする。」よりログアウトいただくか、認証キャッシュが共有されないシークレットモードなどでログインをお試しください。

また、管理画面にアクセスしている場合は管理権限があるアカウントで実施してください。管理権限のないアカウントの認証情報が残っている可能性があるため、ノンキャッシュモードでもお試しください。

403 アクセスポリシーに従い、ログインが拒否されました。OTP(ワンタイムパスワード)が設定されていません。

OTP が未設定の場合に返るエラーです。
HENNGE Access Control のユーザー情報が下記の条件に合致する状態の場合に、ユーザーのログイン時に OTP の入力画面に遷移することなく掲題のエラーメッセージが返ります。
・非常用OTPトークンの登録が0件
・OTP タイプ が「未設定」
 →OTP タイプの設定状況は「モダンビュー」にてご確認いただけます。
OTP の設定をしていただくか、非常用OTPトークンを予め設定いただくことでエラーを回避し、OTP 入力画面に遷移することが可能になります。
 OTP 発行方法と有効期限

403 アクセスポリシーに従い、ログインが拒否されました。証明書が選択されていません。

デバイス証明書でログインする際、以下のような場合に表示されるエラーです。

・ご利用端末に有効なデバイス証明書がインストールされていない場合

・ご利用のブラウザ・アプリが電子証明書による認証に非対応の場合
・ブラウザ・アプリで不正な画面遷移を行った場合(証明書選択画面で「キャンセル」を選択した場合等)
 →ブラウザ・アプリを再起動して再度ログインをお試しください。
・ブラウザのキャッシュで不整合等が生じた場合
 →ブラウザのキャッシュクリアを実施して再度ログインをお試しください。
キャッシュクリアの方法

ユーザー名かパスワードが不正です。
・ユーザー名は大文字と小文字を区別するため、入力している値に間違いがないか、確認してください。
・ログイン画面で入力したユーザー名が登録情報と一致していない場合、アクセスログに「失敗」の履歴は記録されません。

※ドメイン設定内の「ログイン画面の設定」にて「ドメイン名を無視」が有効な場合、入力したユーザー名にドメインが含まれてると、@以降の情報が自動削除されるため、登録しているユーザー名にドメインが含まれている場合、ユーザー名が一致せずにログインエラーとなります。
 

 

          
この記事は役に立ちましたか?