YAML ファイルのカラム(ルールグループ)

ルールグループのインポートデータを作成する場合は、既存の設定をエクスポートしたYAMLファイル、もしくは一度手動でルールグループを作成いただき、エクスポートした YAML ファイルを参考に作成する流れをおすすめいたします。

 

インポート時の挙動

  • ファイル形式は YAML と JSON に対応しています。表は YAML 形式で記載しています。
  • 登録方法は、「新規作成」「上書き」の2パターンです。
  • インポートによる削除はできません。インポートデータに含まれない定義は更新されません。(削除されず、そのまま残ります。)
  • ユニークキーは「ルールグループ名」です

注意点

  • 「上書き」の場合、上述のユニークキーに付随する情報は丸ごと上書きされます。
    ルールの一部だけを修正する場合も、ルールグループ単位で必要な情報は残してください。

␣ は半角スペースに置き換えてください 

 項目  YAML ファイルの記述  画面上の表示名  設定値  備考
   version:␣1  -  空欄  
   rule_groups:  -  空欄  JSONでは "RuleGroups": としてください
   -␣name:␣  グループ名  文字列
 
   ␣␣description:␣  説明  文字列  
   ␣␣rules:  -  空欄  
   ␣␣-␣priority:␣  優先度  数値  
  ␣␣␣␣name:␣  ルール名  文字列  
 アクション
 ␣␣␣␣action:␣
 送信  send  
 保留  suspend  
 承認要求  approval  
 削除  delete  
 ␣␣␣␣␣␣attribute:␣
 -  {}
 type:がdeleteもしくはsendのときに指定
 -  空欄  type:がsuspend
 ␣␣␣␣␣␣␣␣auto_release:␣
 自動送信する  true  type:がsuspendのときに指定
 自動送信しない(無期限保留)  空欄  type:がsuspendのときに指定
 ␣␣␣␣␣␣␣␣visible_to_from_address_group:␣
 送信者アドレスグループにも操作を許可する  true  
 ␣␣␣␣␣␣␣␣duration:␣  保留(分)  数値  ・type:がsuspendのときに指定
 ・auto_release:が空欄の場合は無期限保留が優先
 ␣␣␣␣␣␣encrypt:␣  暗号化する  true  
 ␣␣␣␣␣␣forwards:
 ␣␣␣␣␣␣- envelope_to:␣
 Bccを追加する  BCC で送るメールアドレスを指定  ・5アドレスまで
 ・複数指定する場合は、改行で - envelope_to: を追加します
 ␣␣␣␣␣␣-␣type:␣
 送信者通知  notify_sender  
 承認者通知  notify_approver  
 条件のタイプ
 ␣␣␣␣predicate:␣
 以下のすべての条件に一致  and  
 以下のいずれかの条件に一致  or  
 すべて(条件を指定しない) all  
 ␣␣␣␣predicates:␣  -  空欄  predicate: が and もしくは all のときに指定
 対象
 ␣␣␣␣-␣target:␣
 To:(宛先) メールアドレス
 header:to:address
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 - アドレスグループ中に存在する
 Cc: メールアドレス
 header:cc:address
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 - アドレスグループ中に存在する
 To/Cc:(宛先/Cc:) メールアドレス
 header:tocc:address
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 - アドレスグループ中に存在する
 To:(宛先) ドメイン
 header:to:domain
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 Cc: ドメイン
 header:cc:domain
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 To/Cc:(宛先/Cc:) ドメイン
 header:tocc:domain
 - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 Bcc:
 bcc  - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 Subject:(件名)  header:subject  - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 任意のヘッダー  header:<任意のヘッダー>  - 存在する
 - 存在しない
 - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 エンベロープ受信者  envelope:to  - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 エンベロープ送信者  envelope:from  - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 - 承認者ではない
 本文(添付を含む)  body  - 正規表現にマッチする
 - 正規表現にマッチしない
 添付ファイル  attachment  - あり
 - なし
 - 正規表現でファイル名指定
 - Content-Type指定
 - すべてがパスワード保護
 - いずれかがパスワード保護
 条件
 ␣␣␣␣␣␣predicate:␣
 存在する  exist  パターン入力不可
 存在しない  not-exist  パターン入力不可
 正規表現にマッチする  match  
 正規表現にマッチしない  not-match  
 アドレスグループ中に存在する  exist-in-address-group  
 承認者ではない
 not-approver
 
 存在する  header-exist  ・対象が「任意のヘッダー」のときのみ指定可
 ・パターン入力不可
 存在しない  header-not-exist

 ・対象が「任意のヘッダー」のときのみ指定可
 ・パターン入力不可

 あり  attachment-exist  パターン入力不可
 なし  attachment-not-exist  パターン入力不可
正規表現でファイル名指定  filename-match  
 Content-Type指定  content-type-match  
 すべてがパスワード保護  all-password-protected-data  パターン入力不可
 いずれかがパスワード保護  has-password-protected-data  パターン入力不可
 条件に付随  ␣␣␣␣␣␣pattern:␣  パターン  検知する値を指定  not-approver では対象のアドレスグループを指定
 パターンに付随  ␣␣␣␣␣␣count:␣  頻度  数値  
 サイズ検知
 message_size:␣
 メッセージサイズ (KB)  メール全体のメッセージサイズをキロバイト(KB)で指定  
 テストモード
 is_test:␣
 テストモード  true

 テストモードについて

 

          
この記事は役に立ちましたか?