HENNGE Secure Transfer の各種パラメーター

対象

HENNGE Secure Transfer の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Secure Transfer において、最大ダウンロード回数や URL の有効期限の変更方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2021 年 3 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Secure Transfer の管理者権限が必要です。

3. HENNGE Secure Transfer 管理画面の URL は、お客様テナントより異なります。
    ログイン URL は、導入時にお送りしているログイン情報をご参照ください。

設定項目説明

ダウンロードログに関わる設定は、 HENNGE Secure Transfer に管理者アカウントでログインし、左メニュー [ 管理 ] - [ ドメイン情報 ] にあります。

1.png

設定項目一覧

各項目の詳細は下記表のとおりです。

項目名 設定値 変更方法
管理者 管理者アドレス

[ 変更 ] ボタンから追加/削除

※ 詳細は下記ページをご参照ください。
ドメイン情報の設定

※ シングルサインオンできるアドレスをご指定ください。

 

Google Workspace 管理者 Google Workspace 特権管理者アドレス 

Google Workspace のみ
[ 変更 ] ボタンから追加 / 削除

※ 詳細は下記ページをご参照ください。
ドメイン情報の設定

最大ストレージサイズ (MB) 制限なし 変更不可
ファイル送信 URL の有効期間 (送信) [ 1 - 14 日 ]

管理画面で変更可能 (*1)

ファイル受信 URL の有効期間 (受信) [ 1 - 14 日 ] 管理画面上表示なし (初期値は 7 日)
サポート受付 (*2)
ダウンロード可能期間 [ 1 - 45 日 ] サポート受付 (*2)
リストア可能期間 [ 1 - 366 日 ] サポート受付 (*2)
最大ダウンロード回数 (送信) [ 1 - 500 回 ] 管理画面で変更可能 (*1)
最大アップロード URL 再利用回数 (受信) [ 1 - 5 回 ] 管理画面上表示なし (初期値は 1 回 (ユーザー画面上表示なし))
サポート受付 (*2)
最大ファイルサイズ (MB) [ ~ 100 / ~ 2000 ] 契約プラン内は管理画面で変更可能 (*1)
最大アップロードサイズ (MB) [ ~ 100 / ~ 2000 ] 契約プラン内は管理画面で変更可能 (*1)
暗号化ファイルのブロック (送信) [ 有効 / 無効 ] サポート受付 (*2)
暗号化ファイルのブロック (受信) [ 有効 / 無効 ] サポート受付 (*2)
ウイルスファイルのブロック (送信) [ 有効 / 無効 ] サポート受付 (*2)
ウイルスファイルのブロック (受信) [ 有効 / 無効 ] サポート受付 (*2)
ダウンロードパスワードなし [ 許可 / 不許可 ] 管理画面で変更可能 (*1)
パスワードポリシー プリセットされた 16 種類から選択 (*3) 管理画面で変更可能 (*1)
メール起稿ボタンの非表示 [ 有効 / 無効 ] Google Workspace のみ
サポート受付 (*2)
パスワードと URL の通知を分けて起稿 [ 有効 / 無効 ] Google Workspace のみ
サポート受付 (*2)
ファイル受取人の確認 [ 有効 (強制) / 有効 / 無効 ] サポート受付 (*2)
ファイル受取人認証データ保持期間 [ 1 - 90 日 ] 管理画面で変更可能 (*1)
通知メール本文のデフォルト言語 [ 英語 / 日本語 / 中国語 (繁体字) ] (*4) 管理画面で変更可能 (*1)
通知メールのデフォルト件名 任意 (*4) 管理画面で変更可能 (*1)
グループアクセス制限

HENNGE Secure Transfer を利用する Google グループアドレス 

Google Workspace のみ
サポート受付 (*2)

(*1) 管理画面から変更

後述の設定変更方法をご参照ください。

 

(*2) Customer Success Guide に依頼

変更をご希望の場合は、弊社サポート窓口の Customer Success Guide までご依頼ください。

 

(*3) プリセットされたパスワードポリシー

詳細は、HENNGE Secure Transferでプリセットされているパスワードポリシーの種類 を参照ください。


(*4) 通知メールの言語/件名の反映

既にユーザーが通知メール本文の言語と件名を設定している場合 (一度でも左メニュー [ 設定 ] - [ 通知設定 ] タブの通知設定で [ 変更を保存 ] ボタンをクリックしている) 、既に一度でも通知メールを受信している場合は、管理画面の設定ではなくユーザーの設定が優先されます。

設定の変更方法

上記表のうち、管理画面で変更可能な項目について、以下の手順で変更が可能です。

1. [ ドメイン設定 ] を選択します。

2.png

2. 各項目の設定を行い [ 変更を保存 ] を選択します。

3.png

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問