通知 (メール操作) を作成する

対象

HENNGE Email DLP の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Email DLP の通知 (メール操作) の作成方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2021 年 12 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Email DLP の管理者権限が必要です。
管理者の設定方法は、以下の記事をご参照ください。

管理者を設定 / 変更する

3. HENNGE Email DLP 管理画面の URL は、お客様テナントより異なります。

アクセス URL 例 : https://console.mo.hdems.com/#/admin/[ メイン ドメイン ]

詳細説明 / 手順 

通知 (メール操作) に関わる設定は、 HENNGE Email DLP に管理者アカウントでログインし、左メニュー [ 保留 ] - [ 通知 (メール操作) ] にあります。

本通知は、チームメール機能が設定されたルールに適用されたメールについて、同一アドレスグループに所属する送信者以外のユーザーがオペレーションを実行した際に送信されます。

20211208_1.png

手順

1. [ 作成 ] を選択します。

20211208_2.png

2. 各項目を入力し [ 作成 ] を選択します。

20211208_3.png

以下の項目は入力が必須となります。

優先度 : 優先度は 1 から 99,999 まで設定が可能です。値が小さいほど優先順位が高くなります。

ポリシー名 : 任意の値を入力します。

宛先 : 「すべての宛先」または「任意の宛先」のどちらかを選択します。

「任意の宛先」を選択した場合、値を入力するフィールドが出現しますので、
メールアドレス、ドメインまたはサブドメインを設定します。

通知タイプ : 変更不可の項目です。

件名 : 自分以外のチームメンバーによる操作完了時に送信者に対して通知されるメッセージの件名を設定します。

後述する差込みタグを用いることも可能です。

本文 : 自分以外のチームメンバーによる操作完了時に送信者に対して通知されるメッセージの本文を設定します。

後述する差込みタグを用いることも可能です。

言語 : 後述する差込みタグ ((%OPERATION%)) にて表示される言語を設定します。

英語、日本語、中国語 (繁体字)、中国語 (簡体字) から選択します。

タイムゾーン : 後述する差込みタグ ((%HEADER-DATE-LOCAL%)) にて表示されるタイムゾーンを設定します。

エリア(Africa / America / Antarctica / Asia / Atlantic / Australia / Europe / Indian / Pacific)、もしくは主要都市名の先頭 2 文字を入力すると選択肢が表示します。

差込みタグ

通知 (メール操作) の件名および本文で使用可能な差込みタグは以下のとおりです。

((%OPERATION%)) : 実行されたアクション

((%OPERATOR%)) : アクション実行者

((%OPERATED-AT%)) : 処理時刻

((%HEADER-SUBJECT%)) : フィルタリングされたメールの件名

((%HEADER-FROM%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー From

((%HEADER-TO%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー To

((%HEADER-CC%)) : フィルタリングされたメールのヘッダー Cc

((%MAILFROM%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ From

((%RCPTTO%)) : フィルタリングされたメールのエンベロープ To

((%HEADER-DATE%)) : フィルタリングされたメールの送信日時

※ ((%HEADER-DATE%)) は送信されたメールのヘッダー情報より取得しています。
現状、 Microsoft 365 から送信されるメールヘッダーにはグリニッジ標準時が記載されていますので、日本時刻から -9:00 された値が使用されます。

((%HEADER-DATE-LOCAL%)) : フィルタリングされたメールの送信日時を「通知 (メール操作)」で指定したタイムゾーンに合わせた値

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問