リリース情報:[HENNGE Email DLP] 2022年10月(送信制限適用時の管理者通知機能の追加)

2022年10月リリースの HENNGE Email DLP サービスのアップデート情報をご案内いたします。

 

空のエンベロープ送信者(Null: <>)に対して、[ブラックリスト]制限が適用された場合に、
登録した管理者メールアドレス宛へ通知を送信できる機能を追加しました。

(参考)
HENNGE Email DLPサービスの送信制限について

 

[ブラックリスト]制限が適用された場合、送信者メールアドレス宛へNDRが返りますが、
送信者メールアドレスが空(Null: <>)の場合、送信者側で正確に検知ができないケースがございます。

管理者への通知設定をご活用いただくことで送信制限抵触の検知や解決にお役立てください。

 

通知を受け取るためには管理者メールアドレスの設定が必要です。

<手順>

1. HENNGE Email DLP 管理者コンソールへログイン

2. [テナント設定] > [全般]  >「通知先メールアドレス」

3. 管理者メールアドレスを入力して「変更を保存」をクリック

__________2022-08-01_10.28.23.png

 

※登録アドレスの削除をする場合は、「×」印をクリックし、「変更を保存」をクリック

Screen_Shot_2022-10-13_at_10.47.44.png

Screen_Shot_2022-10-13_at_10.44.08.png

 

<ご注意点>

※ 設定できる管理者メールアドレスは1アドレスのみです。
   複数管理者への通知をご希望の場合はグループメール等のご利用をご検討ください。

※ 2022年10月時点では、登録した管理者メールアドレス宛へ通知が送信されるケースは、
  送信者メールアドレスが空(Null: <>)の送信者に対し、[ブラックリスト]制限が適用された場合のみとなります。
  送信者メールアドレスが空(Null: <>)以外の送信者に対し、制限が適用された場合は通知は送信されません。

 

 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問