TOPICS

新規ユーザーを作成する (モダンビュー)

対象

HENNGE Access Control の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Access Control 管理画面のモダンビューで新規ユーザーの登録を行います。

注意事項

1. 本記事の内容は 2024 年 4 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Access Control の管理者権限が必要です。

3. 管理画面へのアクセス方法は以下の記事をご参照ください。
HENNGE Access Control 管理画面へのアクセス方法

4.Active Directory から HENNGE Access Control へのユーザー同期を行っている場合は本作業は必要ありません。

詳細説明 / 手順 

0.png

1. 個別にユーザーを作成する

1.1. HENNGE Access Control 管理画面にアクセスします。

1.2. HENNGE Access Control 管理画面の左メニュー [ ユーザー ] - [ ユーザー一覧 ] にアクセスします。
1-2.png

1.3. 右上にある [ + 追加 ] を選択します。
1-3.png

1.4. 必要な情報 (後述) を入力し、[ 保存 ] をクリックします。
1-4.png

2. 一括でユーザーを作成する

詳細は以下記事をご参照ください。
ユーザーの一括登録

3. ユーザー登録時に必要な情報

ユーザー登録時には以下情報を事前に確認・用意します。

3.1. ユーザー名

HENNGE Access Control にてユーザーを識別する一意の値になります。
また、HENNGE Access Control ログイン画面にてユーザーが入力する値となります。
ユーザー名は、最大64文字、かつ以下の文字列が利用可能です。
・半角英字 ( a-z 、 A-Z )
・半角数字 ( 0-9 )
・アンダースコア ( _ )
・ダッシュ ( - )
・ピリオド ( . )
・アットマーク ( @ )

3.2. 初期パスワード

ユーザーが初回ログイン時に使用するパスワードとなります。
なお、管理者により設定するパスワードは、パスワード ポリシーの対象とはなりません。

3.3. パスワード有効期限

ユーザーの初期パスワードの有効期限です。

・パスワード強制変更 : 次回ログイン時にパスワードの強制変更を要求します。
イメージ : ログイン後に以下画面が表示されます。
3-3.png

・無期限 : パスワードに有効期限を設けません。
・ドメイン設定 : [ ドメイン設定 ] 内にある [ パスワード関連の設定 ] 内の有効期限の設定内容に従います。

3.4. 姓

ユーザーの [ 姓 ] 情報です。
最大 256 文字まで設定可能です。

3.5. 名

ユーザーの [ 名 ] 情報です。
最大 256 文字まで設定可能です。

3.6. (Microsoft 365 と連携の場合のみ) 表示名

ユーザーの [ 表示名 ] 情報です。
最大 256 文字まで設定可能です。

3.7. (Microsoft 365 と連携の場合のみ) UserPrincipalName

本ユーザーの Microsoft 365 でのユーザー名 (UserPrincipalName) と同一の値を設定します。

3.8. (Google Workspace と連携の場合のみ) メールアドレス (SAML UID)

本ユーザーの Google Workspace でのメールアドレスと同一の値を設定します。

3.9. (Google Workspace と連携の場合のみ) Google Provisioning

[ ドメイン設定 ] でユーザープロビジョニングまたはパスワードプロビジョニングが有効な場合において、本ユーザーに関する作成・編集・削除について、Google Workspace にプロビジョニングを行うかを設定します。

・対象 : ドメイン設定のアカウントプロビジョニングが [ 有効 ] の場合、本項目で [ 対象 ] を選択すると Google Workspace へユーザーが作成されます。
・対象外 : ドメイン設定のアカウントプロビジョニングが [ 有効 ] の場合でも、本項目で [ 対象外 ] を選択すると Google Workspace へユーザーが作成されません。
なお、本項目は CSV での一括登録時ができないため、すべて [ 対象 ] として作成されます。
[ 対象外 ] とする場合は、CSV での一括登録後、各ユーザーの編集画面から編集を行ってください。

3.10. カスタム属性

予め [ カスタム属性 ] が作成されている場合、本項目の編集が可能です。
最大 256 文字まで設定可能です。
カスタム属性作成方法につきましては、以下記事をご参照ください。
カスタム属性を作成する

3.11. ロール

HENNGE Access Control 管理画面へアクセス可能な権限の設定です。

3.12. セルフパスワードリセット

セルフパスワード機能を有効化している場合において、管理者がセルフパスワードリセット用のメールアドレスを指定する際に設定します。

※ユーザーにてメールアドレスを設定する場合は、ユーザーポータルの [ パスワード設定 ] - [ パスワード再設定方法の設定 ] より個別に設定してください。

セルフパスワードリセット機能概要につきましては、以下記事をご参照ください。
HENNGE Access Control セルフパスワードリセット機能概要

3.13. 非常用 OTP トークン

管理者にて非常用の OTP トークンを発行することが可能です。
任意の値を設定することが可能ですが、同一の値の非常用 OTP トークンを複数発行して使うことはできかねます。

3.14. アクセス ポリシー グループ

ユーザーの所属するアクセスポリシーグループの指定を行います。
アクセス ポリシー グループの作成方法につきましては、以下記事をご参照ください。
新しいアクセス ポリシー グループを作成する

3.15. 許可するサービスプロバイダー

[ サービスプロバイダー設定 ] でシングルサインオンの設定を行ったサービスについて、本ユーザーの利用を許可するかを設定できます。
また、[ サービスプロバイダー設定 ] でリンクの設定を行ったサービスについて、本ユーザーの HENNGE Access Control ユーザーポータルにリンクを表示するかを設定できます。

          
この記事は役に立ちましたか?