Microsoft 365 / Entra ID 「セキュリティの既定値群」有効化について

対象

HENNGE Access Control をご利用中で、Microsoft 365 へのサインインに HENNGE Access Control を経由しているお客様が対象です。

内容

現在 Microsoft 社より、Microsoft 365 利用ユーザーに対してセキュリティ既定値群の設定有効化および多要素認証(MFA)設定必須化についてお知らせが行われていることを確認しております。

この記事では、本件について HENNGE Access Control 利用への影響および対応についてをご案内します。

Microsoft 365 からのお知らせ概要

レガシ認証プロトコルを使用している環境において、Microsoft 365 テナントの「セキュリティの既定値群」の設定を自動的に有効化する旨と
それに伴い Microsoft 365 / Entra ID の多要素認証(MFA)設定が必須となる旨の案内が行われていることを確認しております。

HENNGE Access Control 利用への影響

Microsoft 365 の 多要素認証(MFA)は HENNGE Access Control による認証完了後に発生するプロセスとなります。
そのため、HENNGE Access Control の認証動作に影響を与えることはありません。

HENNGE Access Control での対応

HENNGE Access Control 側での対応の必要はありません。

Microsoft 365 / Entra ID 側での対応

下記 Microsoft 365 のサポート記事 を確認の上、対応を決定してください。
Microsoft Entra ID のセキュリティの既定値群

引き続き「セキュリティ既定値群」を無効化したままご利用頂く方法や
本件についての詳細につきましては Microsoft 社へお問い合わせいただくようお願いいたします。

 

参考

Microsoft 社が公開している公式記事につきましては下記をご確認ください。
Microsoft Entra ID のセキュリティの既定値群

 

HENNGE Lock アプリでの Microsoft 365(Entra ID)多要素認証設定方法

1. Microsoft 365 に PC のWebブラウザでアクセスし、認証アプリによる多要素認証の設定画面を開きます

2. Microsoft Authenticator アプリのダウンロード案内が表示されている画面内の「別の認証アプリを使用します」リンクを選択します

3. 次へをクリックし、QR コードが表示されることを確認します

4. HENNGE Lock アプリを起動しメニューから「OTPを追加する」を選択します

5. 上記 3. で表示された QR コードを、HENNGE Lock アプリで読み取ります

6. Microsoft 365 の多要素認証設定画面側で次へをクリックし、認証コードの入力画面が表示されることを確認します

7. HENNGE Lock アプリに表示された6桁のコードを、Microsoft 365 の認証コード入力画面に入力し確認ボタンをクリックします

          
この記事は役に立ちましたか?