HENNGE One 動作環境

HENNGE One 動作環境 ポリシー更新 (2022 年 6 月 15 日 掲載)

今後も HENNGE One サービスを安定してご利用いただくため、この度 HENNGE One 動作環境の内容を更新することを決定いたしました。
新しい HENNGE One 動作環境の適用は 2022 年 10 月 3 日 (月) を予定しております。

今回のHENNGE One 動作環境の更新に伴い現在のサポート範囲が一部変更されますので、必ず内容をご確認ください。

HENNGE One 動作環境ポリシーの更新のお知らせ(2022 年 10 月 3 日 )
HENNGE One 動作環境 (2022 年 10 月 3 日以降)

1. OS/ブラウザ

HENNGE Access Control / HENNGE Email DLP / HENNGE Email Archive / HENNGE Secure Transfer

  windows mac iOS android ChromeOS
OS Windows10 以上 10.11 以上 10 以上 7 以上  最新バージョン
ブラウザ 下記ブラウザの最新バージョンを含め2世代前まで
(メジャーバージョン単位で1世代)
最新バージョン
 Google Chrome
 Firefox
 Edge(Chromium版)
 Google Chrome
 Safari
 Firefox
 Edge(Chromium版)
 Google Chrome
 Safari
 Firefox  
 Edge(Chromium版)
 Google Chrome 
 Firefox
 Edge(Chromium版)
Google Chrome

※ HENNGE Secure Transfer と、その他サービスの管理画面は PC 版のみ提供します。

HENNGE One における Internet Explorer 11 サポート終了のお知らせ

HENNGE Secure Browser / HENNGE Secure Browser Desktop

  windows mac iOS iPad OS android
OS Windows10以上 10.11 以上 11 以上 13 以上 7 以上

※ HENNGE Secure Browserでは Microsoft 365 / Google Workspace の「メール」「カレンダー(予定表)」「連絡先」を閲覧することを優先的にサポートしております。その他の機能やサービスにつきましては完全な動作保証をしておりません。また、モバイル向けの Microsoft 365 / Google Workspace Web インタフェースでは提供されていないサービス(*1)もございますので、これらをご利用いただく場合には専用の ネイティブアプリ をご利用いただく必要がございます。

(*1) Google WorkspaceのHangout や Microsoft 365 の Skype for Business / Teams など

HENNGE Lock

  iOS iPad OS Apple Watch android
OS 12.1 以上
13 以上


6.1 以上

7 以上

HENNGE Device Certificate(インポートツール含む)

  windows mac iOS iPad OS android Chrome OS
OS Microsoft社の
基準に準拠
最新バージョンを
含め3世代前まで
(コードネーム
単位で1世代)
最新バージョンを
含め3世代前まで
(メジャーバージョン
単位で1世代)
13 以上 最新バージョンを
含め4世代前まで
(コードネーム
単位で1世代)
最新バージョンを
含め3世代前まで
(メジャーバージョン
単位で1世代)
ブラウザ 下記ブラウザの最新バージョンを含め2世代前まで(メジャーバージョン単位で1世代)
 Google Chrome
 Edge
 Firefox
 Google Chrome
 Safari  
 Firefox
 Safari   Google Chrome   Google Chrome 

HENNGE Cloud Protection

  下記ブラウザの最新バージョンのみ
ブラウザ

Google Chrome

Safari

Firefox

Edge

HENNGE Directory Sync Tool

以下の記事をご参照ください。

HENNGE Directory Sync Tool インストール先マシンの準備

HENNGE Connect エージェント

1. Windows : OS バージョンが Microsoft サポート中のものであること。

※ 2022 年 4 月時点では、Windows Server 2012, 2012R2, 2016, 2019, 2022 が対象となります。

新バージョンリリース時の旧バージョンのサポートポリシー

OS

HENNGE Device Certificate

・Windows:Microsoft 社の基準に準拠します。 
・macOS / iOS / iPadOS / Android : サポート対象のうち、最も古いバージョンがサポート対象外となりますが、サイバートラスト社が定める最新バージョンの「サポート開始日」から3ヶ月間は、サポート対象となります。(※1)

・Chrome OS : Google 社の自動更新の有効期限 (AEU) に準拠します。自動更新ポリシーにつきましては、こちらをご参照ください。

※1. 各 OS バージョンの「サポート開始日」は、HENNGE Customer Success Guide にお問い合わせいただければ、弊社よりサイバートラスト社に照会の上、回答させていただきます。弊社内での確認・回答がお客様に届けられるまでの間は、ユーザー様の端末については、OS アップデートを控えていただきますようお願いいたします。

ブラウザ

新バージョンがリリースされると最新バージョンのサポートが開始され、同時にサポート対象のうち最も古いバージョンがサポート対象外となります。

2. ネットワーク

FQDN (URL)

各サービスごとにアクセスを許可するために設定すべき FQDN / 使用ポートは以下となります。
ご利用いただいているサービスの FQDN 及びポートとアクセスでの通信の許可設定をご実施ください。

サービス名 FQDN 使用ポート

 HENNGE Email DLP

 console.mo.hdems.com
 host.gross.hdems.com
 hennge-dlp-history.s3.amazonaws.com
 *.transfer.hennge.com

 TCP/443

 HENNGE Access Control

 ap.ssso.hdems.com
 static.ssso.hdems.com
 static2.ssso.hdems.com
 ssso-v2015-02.s3.amazonaws.com
 ssso-spcfg-logo.s3.amazonaws.com
 dc.services.visualstudio.com
 *.auth.hennge.com

 TCP/443

 HENNGE Device Certificate

 verify.ssso.hdems.com
 cybertrust.deviceid.ne.jp

 TCP/443

 HENNGE Connect 

 *.connect.hennge.io

 TCP/443

 HENNGE Connect エージェント

 (アウトバウンド通信のみ)

 *.ngrok.com
 *.ngrok-enterprise.com
 update.equinox.io

 TCP/443 

 HENNGE Directory Sync Tool
(Active Directory ユーザー同期モジュール)

 sync.ssso.hdems.com
 admin.ssso.hdems.com
 ap.ssso.hdems.com

 TCP/443

 HENNGE Email Archive

 console.hdems.com

 TCP/443

 HENNGE Secure Transfer

 *.hdedrive.com
 *.transfer.hennge.com

 TCP/443

 HENNGE Cloud Protection

 *.f-secure.com
 *.withsecure.com

 TCP/443

 お客様環境でのIP逆引きフィルタ

 *.amazonaws.com

 TCP/443

※ URL でアクセス許可の設定を行う場合、FQDNの先頭に「https://」、末尾に「/*」を記述ください。
※ ワイルドカード指定 (* を含む FQDN) では通信先 FQDN が動的に変化するためワイルドカードでの許可設定が必須となります。

IP アドレス

HENNGE One サービスは、動的に変化する IP アドレスで運用しているため、本リンク 先にて表示されるすべてのグローバル IP アドレスを範囲指定にてアクセス許可設定する必要があります。
なお、上記リンク先に記載されているリストは今後予告なく変更される場合があることを予めご了承下さい。

3. シングル サインオン

HENNGE Access Control

・SAML2.0 に対応している
・SAML認証の NameID(ユーザーアカウント情報) が HENNGE Access Control上のユーザー情報のいずれかの項目に一致している
・SP-Initiated SSO / IdP-Initiated SSOの両方、またはいずれかに対応している
・NameIDFormatとして「urn:oasis:names:tc:SAML:1.1:nameid-format:emailAddress」を扱える

4. 連携可能なメールサービス

HENNGE Email DLP / HENNGE Email Archive

1. Exchange Online(※1)

2. Google Workspace ビジネス向け Gmail ウェブメール サービス(※2)

 

※1. Microsoft 365、Exchange Online、Edge および Active Directory は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※2. Google Workspace、Gmail ウェブメール サービスおよび Chrome は、米国 Google LLC の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問