TOPICS

HENNGE Directory Sync Tool 設定ファイル config.ini の初回設置

対象 

HENNGE Directory Sync Tool の設定ファイル config.ini を初回設置されるお客様が対象です。

目的 

HENNGE One 導入ガイドより提供するお客様専用の config.ini を所定のフォルダに配置します。

注意事項 

1. config.ini の変更内容は [ HDE One Directory Sync ]、[ HDE One Password Sync ] サービス開始時に反映されます。
ファイルの差し替えのみでは変更が反映されません。

2. HENNGE Directory Sync Tool のインストール要件は下記ヘルプセンター記事内の [ HENNGE Directory Sync Tool ] をご参照ください。

HENNGE One 動作環境

3. ファイル名がその他の名前となっている場合は、config.ini となるよう修正します。

4. 本記事は 2024 年 1 月時点で製品の内容をもとにしたものであり、以後のアップデートにより、予告なく変更される場合があります。

詳細手順・説明

1. サービス停止の確認

Windows Server の [ サービス ] にて、以下 2 つのサービスが停止していることを確認します。

・HDE One Directory Sync

・HDE One Password Sync

※ HENNGE Directory Sync Tool インストール直後は [ 停止 ] 状態にあります。

2. config.ini の編集

2.1.  config.ini をメモ帳で開きます。

2.2. Active Directory から HENNGE Access Control へ情報を書き込むための API クライアントの情報を編集します。

・7行目 [ domain ] : メインドメイン。

・8行目 [ client_id ] : HENNGE Access Control のクライアントID。

・9行目 [ client_secret ] : HENNGE Access Control のクライアント秘密鍵。

参考記事:HENNGE Directory Sync Tool 実行のための API クライアントの作成

2.3. Active Directory ドメイン コントローラーへの接続情報を編集します。

・37行目 [ server ] : ドメイン コントローラーのホスト名もしくはIPアドレス。

・38行目 [ username ] : [ Enterprise Admins ]・[ Domain Admins ]・[ Schema Admins ] 権限をもつユーザー ID。

・39行目 [ password ] : 38 行目にて指定したユーザーのパスワード。

※該当ユーザーのパスワードを変更した場合、config.iniに記載のパスワードも変更する必要がありますので、ご注意ください。

2.4 config.ini を保存します。

3. config.ini の配置

3.1. 編集、保存した config.ini を HENNGE Directory Sync Tool のインストール先フォルダーにコピーします。

C:\Program Files\HDE One Directory Sync
          
この記事は役に立ちましたか?