Outlook on the Web の「Outlookに常に接続する」機能につきまして

for Microsoft 365

概要

Microsoft 365 の Outlook on the Web に PCブラウザからアクセスした際、下記画像のような
「Outlookに常に接続する」という画面が表示されることが有るようでございます。
この画面の表記に従い操作を行うと、任意のスマートフォン(iPhone / Android)上で Microsoft 365 サインインを行うこと無く
Outlook Mobile アプリ利用を開始可能となることを確認しております。
またこの機能は、ご利用されている Microsoft 365 テナントの管理者にて一括で無効化が可能であることも確認しております。

mceclip0.png

 

・関連情報
QR コードを使用して Outlook Mobile アプリにサインインする

 

以下に該当機能が、ご利用中の Microsoft 365 テナント上で有効化されているかの確認方法と、
機能の無効化(画面の非表示)方法、およびすでに接続されてしまっている Outlook アプリの切断方法をご案内いたします。

機能が有効な状態であるかの確認

  1.  PowerShell を利用し Exchange Online に接続します
    Exchange Online PowerShell に接続する

  2.  以下コマンドを実行し現在の設定状況を確認します
    Get-OrganizationConfig | Format-Table Name,MobileApp* -Auto

    ・有効の場合(MobileAppEducationEnabled が True と表示されます)
    mceclip3.png

    ・無効の場合(MobileAppEducationEnabled が False と表示されます)
    mceclip1.png

  3. 有効な場合は下記の無効化手順へ進んでください


機能の無効化(画面の非表示)手順

  1.  PowerShell を利用し Exchange Online に接続します
    Exchange Online PowerShell に接続する

  2.  以下コマンドを実行し該当機能を無効化します
    Set-OrganizationConfig -MobileAppEducationEnabled $false
    ※本手順で無効化を行いましても、すでに本機能で接続済みとなっている Outlook アプリは切断されません。
    別途切断を行いたい場合は下記の「モダン認証アプリ切断手順」をご参考いただき、アプリの切断もご検討ください。


モダン認証アプリ切断手順

下記 HENNGE One ヘルプセンター記事にございます手順にて、すでに接続済みとなっている Outlook アプリを含む
モダン認証アプリの強制切断を行うことが可能です。
すでに本記事にて記載しております「Outlookに常に接続する」の機能で、許可外のスマートフォン端末で
Outlook アプリを利用しているユーザーがいらっしゃる可能性がある場合は、こちらの対応をご検討ください。

Azure AD モダン認証の切断

 

[参考1] Outlookに常に接続する機能で スマートフォンの Outlook アプリをセットアップした際の動作について

下記に「Outlook に常に接続する」機能を使用して、スマートフォンの Outlook アプリを
セットアップした際の手順と動作スクリーンショットを参考情報として掲載いたします。

 

1. PC ブラウザにて Microsoft 365 にサインインし Outlook on the Web を開きます

2. Outlook on the Web 画面に「Outlookに常に接続する」という画面が表示されます

mceclip0.png


3. 表示に従い、スマートフォンの電話番号を入力し「モバイルアプリを入手」をクリックすると下記のように QRコードが画面に表示されます
※画面上部にログイン中のユーザーメールアドレスが表示されており、セットアップがすべて完了すると
スマートフォン側の Microsoft Outlook アプリもこのユーザーで接続が開始されます。
mceclip0.png


4. 任意のスマートフォンで Microsoft Outlook アプリをインストールします(これは App Store(iPhone) / Google Play(Android) からでも問題ありません)


5. Microsoft Outlook アプリを起動しアカウントの追加画面で「コンピュータで QR コードを使用してサインイン」をタップします
mceclip2.png


6. QR コードでサインイン画面が表示されるので「QR コードをスキャン」をタップし、PC ブラウザ側で表示された QRコード(上記 3. の QRコード)を読み取ります 
mceclip3.png


7. スマートフォン側に Microsoft Outlook アプリのセットアップが完了し、PC ブラウザでログインしているアカウントと同じアカウントで Outlook アプリの利用が開始されます
※スマートフォン側では Microsoft 365 及び HENNGE ログインを行うこと無く、Outlook アプリの利用が開始されます。

 

[参考2] スマートフォン(iPhone/Android)で認証済みの Outlook アプリを確認する方法

本記事にてご案内しました Outlook on the Web の「Outlookに常に接続する」機能を利用して接続された
Outlook アプリ及び端末を確認することは出来ませんが、下記の手順で現時点でスマートフォン(iPhone/Android)にて
認証されている Outlook モバイルアプリとそのユーザーを確認することが可能でございます。

  1. C:\ ドライブ直下に "Temp" フォルダを作成します 

  2. PowerShell を利用し Exchange Online に接続します
    Exchange Online PowerShell に接続する

  3.  以下コマンドを一行ずつ実行します
    $MobileDevice = Get-MobileDevice -Filter {(DeviceModel -eq "Outlook for iOS and Android")}
    $MobileDevice | Select *, @{n="UserDisplayNameNew";e={$_.Identity.Substring(0,$_.Identity.IndexOf("\"))}} | Export-Csv -Path C:\Temp\OutlookDevice.csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation
  4. C:\ ドライブ直下の Temp フォルダ内に "OutlookDevice.csv" ファイルが作成されます

※対象ユーザーは 出力した CSV ファイル内の [O 列] の [UserDisplayName] か [AP 列] の
 [UserDisplayNameNew] に ユーザーの表示名、もしくは Alias 情報で表示されます。

 


制限・留意事項

      • 画面は Microsoft 365 の更新により随時変更する場合がございます。

関連・参考資料

Set-OrganizationConfig

QR コードを使用して Outlook Mobile アプリにサインインする

 

 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問