保留履歴を確認する

対象

HENNGE Email DLP で保留機能を利用するユーザーが本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Email DLP で保留されたメールについて、HENNGE Email DLP ユーザー画面で履歴を確認する方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2021 年 12 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. HENNGE Email DLP ユーザー画面の URL は、お客様テナントより異なります。

PC : https://console.mo.hdems.com/#/[ メイン ドメイン ]
モバイル : https://console.mo.hdems.com/#/m/[ メイン ドメイン ]
※ [ メイン ドメイン ]はお客様ご契約ドメインに変更してください。

3. 履歴は 1 ヵ月以内のメールかつ最大 100 件まで確認が可能です。

4. HENNGE Email DLP ユーザー画面に初めてログインを行った以前の履歴は表示されません。

5. チームメール機能で操作を行った結果の履歴は送信者のユーザー画面から確認が可能です。

詳細説明 / 手順

保留されたメールの履歴の確認は、HENNGE Email DLP ユーザー画面の左メニュー [ 保留トレイ ] - [ 履歴 ] にて行います。

20211203_1.png

目次

1. 履歴の確認

2. 項目説明

3. 利用イメージ

1. 履歴の確認

対象のメールを選択します。

20211203_2.png

2. 項目説明

ルールグループ名 : 適用されたルールグループ名が表示されます。

ルール名 : 適用されたルール名が表示されます。

保留日時 : 保留された日時が表示されます。

From : 送信者 (Header From) が表示されます。

To : To に設定した宛先が表示されます。

Cc : Cc に設定した宛先が表示されます。

Bcc : Bcc に設定した宛先が表示されます。

サイズ : メッセージサイズが表示されます。

添付ファイル : 添付ファイル名が表示されます。

ステータス : 送信済み、削除済みなど、現在のステータスが表示されます。

日時 : 処理された日時が表示されます。

処理者 : 対象のメールを処理 (送信、削除など) したユーザーのアドレスが表示されます。
自動で送信された場合、ユーザー自身のアドレスが表示されます。

受信者 : 受信者 (Envelope To) が表示されます。

3. 利用イメージ

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問