HENNGE Email DLP インポートデータ (YAML ファイル) 作成について

対象

HENNGE Email DLP の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Email DLP のインポートデータ (YAML ファイル) の作成方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2022 年 5 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Email DLP の管理者権限が必要です。
管理者の設定方法は、以下の記事をご参照ください。

管理者を設定 / 変更する

3. HENNGE Email DLP 管理画面の URL は、お客様テナントより異なります。

アクセス URL 例 : https://console.mo.hdems.com/#/admin/[ メイン ドメイン ]

目次

1. インポートできる設定 (定義)

2. インポート時の挙動

3. 注意点

4. インポートデータの作成

5. インポート

6. インポート時のエラー

1. インポートできる設定 (定義)

YAML ファイルでインポートできる設定 (定義) は以下のとおりです。

・アドレスグループ定義

・ルールグループ定義

・フィルター定義

・暗号化タイプ定義

・暗号化ポリシー定義

2. インポート時の挙動

ファイル形式は YAML と JSON に対応しています。
登録方法は、「新規作成」「上書き」の 2 通りです。

インポートによる削除はできません。設定中の定義をインポートデータに含めない場合、「新規作成」「上書き」のどちらも行われず、当該定義は更新されません。

各定義では、次の値をユニークキーとしています。

アドレスグループ定義 : アドレスグループ名

ルールグループ定義 : ルールグループ名

フィルター定義 : 優先度

暗号化タイプ定義 : 暗号化タイプ名

暗号化ポリシー定義 : 優先度

3. 注意点

「上書き」の場合、上述のユニークキーに該当する情報は丸ごと上書きされます。
例として、既存のアドレスグループに 1 名を追加する場合は、既存メンバーもインポートデータに含める必要があります。

4. インポートデータの作成

4.1. HENNGE Email DLP 管理画面にアクセスし、対象の定義の画面で [ エクスポート ] を選択します。

設定中の定義がない場合は、以下の記事よりサンプルファイルをダウンロードしてください。

インポート用 YAML ファイルのサンプル

※ 0 から YAML ファイルを作成することも可能ですが、空白など含めてフォーマットが異なるとインポートができないため、エクスポートデータやサンプル設定を修正いただくことをお勧めします。

20220510_01.png

4.2. YAML ファイルの作成

各定義の項目は以下のリンクよりご確認ください。

アドレスグループ定義

ルールグループ定義

フィルター定義

暗号化タイプ定義

暗号化ポリシー定義

5. インポート

5.1. HENNGE Email DLP 管理画面にアクセスし、対象の定義の画面で [ インポート ] を選択します。

20220510_02.png

5.2. 作成したインポートデータをアップロードし、インポート方式を選択し [ インポート ] を選択します。

20220510_03.png

6. インポート時のエラー

アドレスグループのインポート時に発生したエラーについては、以下の記事をご参照ください。

アドレスグループのインポートエラーについて

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問