スマートデバイス用「Gmail」アプリの利用制限

  ユーザー向け

 

Q.

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスからスマートデバイス用の「Gmail」アプリを利用禁止にしたいです。制限を行う方法を教えてください。

 

A.

利用禁止にすることが可能です。

スマートフォンやタブレットは、モバイルキャリア回線のネットワーク(社外ネットワーク)からアクセスする動作となりますので、「Gmail」アプリを利用禁止にしたいユーザーを「社外ネットワークからアクセスを拒否するアクセスポリシーグループ」 (*) に所属させる必要があります。

(*) 「Gmail」アプリは入場証による制御は利用できませんので、社外ネットワークを拒否するという条件のみ設定ください。

また、「Gmail」アプリは OS やアカウントの登録手順によってアクセスコントロールを経由するかどうかの動作が異なります。

「Gmail」アプリの動作に関しては、以下の記事をご参照ください。


あわせてアクセスコントロールを経由せずに直接 Google Apps と通信した場合の設定も禁止する必要があります。

Google Apps の管理コンソールで設定から利用を制限することが可能です。
設定手順に関しては、以下の記事をご参照ください。


なお、初回にアカウントを追加する時のみアクセスコントロールでアクセス制御が可能となっていますので、既に「Gmail」アプリでログインが成功している場合は制限をかけることができません。

その場合は、以下の方法で「Gmail」アプリから強制ログアウトさせることが可能です。

「Gmail」アプリからGoogle Appsアカウントを強制ログアウトする方法

下記の2通りの手順のうちいずれかの方法で、ユーザが端末にインストールしている「Gmail」アプリから、Google Appsアカウントを強制ログアウトすることができます。

Google Apps 管理コンソール上に特権管理者アカウントにてログイン後に下記の手順のうちいずれかを実施してください。

・当該ユーザーの Google Apps への本来のログインパスワードを変更する。
・当該ユーザーのプロフィールメニューにて、パスワード項目欄の [ログイン Cookie をリセット] リンクを押下する。

上記の手順を実施後に「Gmail」アプリを再起動すると強制ログアウトされることを確認してください。

 

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問

Powered by Zendesk