アドレスグループを作成する

対象

HENNGE Email DLP の初期設定や、運用管理を行う管理者が本記事内容の対象となります。

目的

HENNGE Email DLP のアドレスグループの作成方法について説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2021 年 12 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 実際の画面確認や、設定の変更には HENNGE Email DLP の管理者権限が必要です。
管理者の設定方法は、以下の記事をご参照ください。

管理者を設定 / 変更する

3. HENNGE Email DLP 管理画面の URL は、お客様テナントより異なります。

アクセス URL 例 : https://console.mo.hdems.com/#/admin/[ メイン ドメイン ]

詳細説明 / 手順 

アドレスグループに関わる設定は、 HENNGE Email DLP に管理者アカウントでログインし、左メニュー [ アカウント ] - [ アドレスグループ定義 ] にあります。

__________.png

目次

1. 個別作成

2. 一括作成

3. グループ同期

1. 個別作成

1.1. [ + 作成 ] を選択します。

______________.png

1.2. 各項目を入力し [ 追加 ] を選択します。

アドレスは、メールアドレス、ドメイン、サブドメインの設定が可能です。
ドメインは @example.com、サブドメインは .example.com の形式で指定します。

また、下記画像のように、改行して記載することで複数レコードの一括登録が可能です。

______________.png

1.3. 必要に応じ、承認者にチェックを入れ、 [ 作成 ] を選択します。

なお、ドメインおよびサブドメインは承認者として設定できません。

_______________.png

2. 一括作成

YAML ファイルを作成し、複数のアドレスグループを一括で作成・上書きすることが可能です。

YAML ファイルでのデータの作成および新規作成・上書きについては、下記ページをご参照ください。

Email DLP のインポートデータ(YAML ファイル)作成について

インポート方式の「上書き」と「新規作成」の違い

3. グループ同期

Microsoft 365 または Google Workspace 上のグループを HENNGE Email DLP のアドレスグループとして同期することが可能です。

詳細は下記ページをご参照ください。

Microsoft 365 から HENNGE Email DLP へ同期するグループの紐づけ設定

Google Workspace から HENNGE Email DLP へ同期するグループの紐づけ設定

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問