HENNGE Email DLP 管理者ヘルプ

概要

HENNGE Email DLP 管理画面内の各画面の使い方を実際の運用シーンに合わせて説明します。

注意事項

1. 本記事の内容は 2022 年 3 月時点での製品仕様に基づき作成しており、以後予告なく変更される場合があります。

2. 管理画面へのアクセス方法は こちら をご参照ください。

目次

1. アカウント

1.1. ユーザー設定

1.2. アドレスグループ定義

2. フィルター

2.1. ルールグループ定義

2.2. ルール

2.3. フィルター定義

2.4. 履歴検索

2.5. フィルター履歴ダウンロード

2.6 保留メール検索

2.7. 通知 (フィルター)

2.8. 通知 (申請者宛て)

2.9. 外部宛てメールアドレス強制変換

3. 保留

3.1. 通知 (メール操作)

3.2. 通知 (放置メール)

4. 暗号化

4.1. 通知 (送信者宛て)

4.2. 通知テンプレート定義

4.3. 暗号化タイプ定義

4.4. 暗号化ポリシー定義

5. 制限された送信者

5.1. 制限された送信者

6. テナント設定

6.1. 全般設定

6.2. DKIM 設定

1. アカウント

1.1. ユーザー設定

HENNGE Email DLP の管理者の設定について説明します。

1.1.1. 管理者を設定 / 変更する

1.1.2. ユーザーを削除する

1.2. アドレスグループ定義

送信者のグループ、受信者のグループを設定する方法について説明します。

1.2.1. アドレスグループを作成する

1.2.2. アドレスグループを編集する

1.2.3. アドレスグループを削除する

2. フィルター

2.1. ルールグループ定義

フィルターを構成するルールグループの設定方法について説明します。
ルールグループは、個別のルールで構成されます。

2.1.1. ルールグループを作成する

2.1.2. ルールグループを編集する

2.1.3. ルールグループを削除する

2.1.4. ルールグループを検索する

2.2. ルール

各ルールグループを構成するルール (条件、アクションなど) の設定方法について説明します。

2.2.1. ルールを作成する

2.2.2. ルールを編集する

2.2.3. ルールを削除する

2.3. フィルター定義

フィルターの作成・編集・削除方法について説明します。

2.3.1. フィルターを作成する

2.3.2. フィルターを編集する

2.3.3. フィルターを削除する

2.4. 履歴検索

管理者が各送信者のフィルター履歴を検索する方法について説明します。

2.4.1. フィルター履歴を検索する

2.4.2. 管理者にて HENNGE Secure Download のダウンロード URL を無効化する

2.4.3. 管理者にて HENNGE Secure Download で送信されたファイルをダウンロードする

2.5. フィルター履歴ダウンロード

管理者が各送信者のフィルター履歴をダウンロードする方法について説明します。

2.5.1. フィルター履歴をダウンロードする

2.6 保留メール検索

承認者の不在時など、何らかの理由でメール送信者自身でメール操作 (送信、停止、削除、承認、却下) ができない場合に
管理者が代理でメール操作を行う方法について説明します。

2.6.1 管理者にて保留メール / 承認メールの代理操作を行う

2.7. 通知 (フィルター)

ルール作成時に定義したアクション (削除など) の動作時に送信者に対して通知されるメッセージの設定方法について説明します。

2.7.1. 通知 (フィルター) を作成する

2.7.2. 通知 (フィルター) を編集する

2.7.3. 通知 (フィルター) を削除する

2.8. 通知 (申請者宛て)

ルール作成時にアクションとして承認を定義した場合、承認者の処理結果を送信者 (申請者) に対して通知するメッセージの設定方法について説明します。

2.8.1. 通知 (申請者宛て) を作成する

2.8.2. 通知 (申請者宛て) を編集する

2.8.3. 通知 (申請者宛て) を削除する

2.9. 外部宛てメールアドレス強制変換

外部宛てメールの To および Cc について、しきい値を超えた場合に強制変換 (切取り) する方法について説明します。

2.9.1. 外部宛てメールアドレス強制変換を設定する

3. 保留

3.1. 通知 (メール操作)

チームメール機能利用時、送信者以外のチームメンバーがメールを操作した際に送信者に対して通知するメッセージの設定方法について説明します。

3.1.1. 通知 (メール操作) を作成する

3.1.2. 通知 (メール操作) を編集する

3.1.3. 通知 (メール操作) を削除する

3.2. 通知 (放置メール)

保留されたメールについて、設定した時間の経過後に送信者に対して通知するメッセージの設定方法について説明します。

3.2.1. 通知 (放置メール) を作成する

3.2.2. 通知 (放置メール) を編集する

3.2.3. 通知 (放置メール) を削除する

4. 暗号化

4.1. 通知 (送信者宛て)

添付ファイルを ZIP 暗号化して送信した際、送信者宛てにパスワード等を通知するメッセージの設定方法について説明します。

4.1.1. 通知 (送信者宛て) を作成する

4.1.2. 通知 (送信者宛て) を編集する

4.1.3. 通知 (送信者宛て) を削除する

4.2. 通知テンプレート定義

添付ファイルを ZIP 暗号化して送信した際、受信者宛てにパスワード等を通知するメッセージの設定方法について説明します。

4.2.1. 通知テンプレート定義を作成する

4.2.2. 通知テンプレート定義を編集する

4.2.3. 通知テンプレート定義を削除する

4.3. 暗号化タイプ定義

添付ファイルを ZIP 暗号化する際のファイル名やエンコード方式、パスワードの種類などの設定方法について説明します。

4.3.1. 暗号化タイプ定義を作成する

4.3.2. 暗号化タイプ定義を編集する

4.3.3. 暗号化タイプ定義を削除する

4.4. 暗号化ポリシー定義

誰から誰に送信されたときに、どのような暗号化タイプ (ZIP 暗号化後のファイル名やエンコード方式、パスワードの種類など) で送信するかを設定します。

4.4.1. 暗号化ポリシー定義を作成する

4.4.2. 暗号化ポリシー定義を編集する

4.4.3. 暗号化ポリシー定義を削除する

5. 制限された送信者

5.1. 制限された送信者

大量送信等により制限された送信者の確認方法について説明します。

5.1.1. 制限された送信者を確認する

6. テナント設定

6.1. 全般設定

テナント全体に適用されるタイムゾーンの設定について説明します。

6.1.1. 全般設定を確認する

6.2. DKIM 設定

DKIM を利用する場合の設定 / 削除方法について説明します。

6.2.1. DKIM の設定

6.2.2. DKIM セレクターを削除する

          
この記事は役に立ちましたか?

よくあるご質問